美瑛の風景は一期一会。マナー違反がなくならなければ、美瑛は福島と同じ道をたどる!

今日のニュースでも、哲学の木が切られたことを放送していた。

実際の映像を見ると、怒りが湧いてくる。

一番木を伐りたくなかったのは地主さんだ。

なのに、畑に不法侵入する輩のせいで、木を伐らざるを得なくなった。

畑に不法侵入し、畑に外来菌が繁殖すると、作物が育たなくなる。

作物がつくれなければ、農家の人の生活が絶たれる。

畑がなくなったら、美瑛の風景も木も、見られなくなるんだよ。

5年前の震災を思い出してほしい。

福島第一原子力発電所が事故を起こして、立ち入り禁止区域が設けられた。

除染はままならず、未だに復興の兆しは見えない。

帰還できますよと謳っても、戻る人はほんの数人。
昔そこに住んでいた人たちは、他の都道府県で暮らしている。

帰る人が少なければ、町としても成り立たない。

昨日まで暮らしていた町が、ある日突然住めなくなる。

昨日まで見られた景色が、ある日突然見られなくなる。

原発事故とは異なるけど、哲学の木がなくなったのは、それと同じことのように思えた。

「いい写真が撮りたい」って畑に入る奴。

あんたは、自宅に見知らぬ人が土足で入っても怒らないのか?

部屋を荒らされても平然としていられるか?

自宅の敷地内に、赤の他人が飼っている犬のフンをさせてもいいのか?

畑に入るってのは、それと同じことだよ。

どんな菌が付着しているかわからない靴で、体で、畑に入るってのは、他人の家の庭でクソするのと同じだよ。

「いい写真」ってのは、至近距離で撮影した写真じゃない。

マナーを無視して撮影した写真は、いい写真って言わないよ。

美瑛町観光協会が作成しているパンフレットに、このような文章があった。

パッチワークの畑は二度と同じ景色に出会えない?

この地域では、作物が連作障害を起こさないように、同じ土地に続けて同じ作物を植えることはありません。4~5年ごとにローテーションを組んで、作物を計画的に栽培する輪作により、安全・安心の農作物は生まれています。

つまり、パッチワークの畑は毎年植える作物が変わり、畑の色も変わります。

今見ている景色との出会いは、まさに一期一会なのです。

キレイなお花畑は景観のためじゃない?

パッチワークの丘を見渡すと、所々に黄色いお花畑が広がっていることがあります。

ヒマワリやキカラシの花が植えられた物ですが、実はこの花畑、開花後まもなく土の中に鋤(す)き込まれてしまいます。緑肥と呼ばれ、畑の土の肥料とするために植えられた花だからです。

もしかしたら、今日あった花畑も、明日にはなくなっているかもしれないのです。

(『北海道・美瑛 ~丘のまちびえいですごす休日~』より引用)

美瑛の丘は、同じ風景は二度と見られない

美瑛町の観光資源は風景だ。

その風景は農家の方達の努力で成り立っている。

畑への不法侵入者が絶えないせいで、農家が離農したらどうする?

美瑛町はあっという間に観光資源を失うよ。

美瑛が好きなら、憧れがあるなら、マナー違反をなくせ。

「自分一人くらいが畑に入っても大丈夫」なんてやるから、木がなくなったんだよ。

この先、マナー違反がなくならなければ、哲学の木以外の木も、どんどん伐り倒される。

農家さんが離農すれば、美瑛の景色は二度と見られない。

美瑛の風景をつくっているのは農家。

不法侵入は、景色を作り出す農家を踏みにじる行為だ。

マナーを遵守してこそ、美瑛の風景を残せるのです。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3