初心者にオススメ!被写体ごとの撮影条件をマスターできる50の掟シリーズ

皆さんは、写真を見て、疑問に思うことはありませんか?

「この写真、どんな条件で撮ったんだろう?」

「同じ被写体を撮っているのに、自分の写真はなんか違う」

今回は、写真撮影の条件を学ぶのに役立つ本を紹介します。

シーンに適した条件を学べる、50の掟シリーズ!

この本は、
風景写真
街角スナップ
人物写真
日常写真(ネコ、子ども、テーブルフォト)
モノクロ写真

が上手に撮れる鉄則を紹介しています。

撮影対象物ごとに、カメラのモード、シャッタースピード、絞り値、適したレンズ、使用アイテムが紹介されています。
実例写真や、OK/NG写真も掲載。解説も詳細です。

「50個も覚えられるだろうか・・・」と不安になるかもしれませんが、心配無用!
一つのテーマにつき覚えることは2〜3個。
自分にとって必要なテーマだけ覚えるというのもありです。

姉妹図書もあるよ!

露出決定に特化した本、絞りとシャッタースピードに特化した本もあります。
これら2冊も購入しました。

個人的な感想です。
絞りとシャッタースピード50は、ネイチャー写真で新しい技が紹介されていました。
露出決定50は、目新しいヒントはなし。

3冊あると、内容が重複している箇所もあるので、まずは最初に紹介した本がオススメです。

写真が上手くなりたいなら覚えるべき50の掟(玄光社MOOK)

姉妹図書
露出決定50の掟

絞りとシャッタースピード50の掟

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3