ハズレなし!道内のオススメ観光スポット6選

北海道に戻って、もうすぐ3年が経ちます。

2014年〜2015年に行った場所で、オススメの旅行場所を紹介します。

ガイドブックにはあまり掲載されない場所です。
函館や旭川など、メジャーな場所は除外しました。来年の北海道旅行の参考にしてね。
新幹線も開通するよ。

ファーム富田(中富良野) 訪問時期:2015年6月下旬

DT7A2231

園内一面が花畑。トラディショナルラベンダーは、ラベンダーで埋め尽くされています。
お店も清潔感があってよかった。

あまり早い時期に行くと、ラベンダーが咲いていないことがあります。
7月上旬〜中旬が見頃なのだとか。こればかりは天候次第。
ここでしか食べられないラベンダーソフトクリームと、メロンパンが絶品です。
レストランもあるよ。

これで入場料0円というのがすごい。ファーム富田を見ない富良野観光はないです。

ファーム富田HP

ファーム富田写真

神威岬(積丹町) 訪問時期:2015年8月中旬

DT7A2584

札幌から車で約3時間。小樽から先は一般道路です。

山を切り開いて作られた道を歩くこと1時間、目の前には積丹ブルーが広がっています。

自然の脅威と偉大さを味わえます。北海道の自然を堪能したい方にオススメです。

ウニ丼も美味しいよ。

積丹町HP

神威岬写真

恵庭渓谷(恵庭市) 訪問時期:2015年10月中旬(紅葉始め)

DT7A0623

白扇の滝、ラルマナイの滝、三段の滝を有する恵庭市。

紅葉の季節に行きました。

滝と紅葉の風景美は圧巻です。どれだけ見ていても飽きません。

恵庭渓谷の紅葉写真

増毛町 訪問時期:2014年8月中旬

IMG_2412

札幌から車で約2時間半。留萌〜増毛の電車も廃線が決定し、騒がれています。

子ども時代の夏休みにタイムスリップしたような空気感。のんびりした雰囲気がある町です。

海の近くに、国稀酒造と旧商家丸一本間家は必見。増毛の情緒を味わえます。

海鮮丼もなまらうまい。

増毛町HP

増毛町写真

国稀酒造写真

旧商家丸一本間家写真

増毛小学校

ノーザンホースパーク(苫小牧市) 訪問時期:2015年9月下旬

DT7A8326

その名の通り、馬がいる施設です。乗馬体験や、馬術体験ができます。

馬見(うまみ)の丘から、牧場にいる馬を見られます。森林浴と馬を楽しめます。

北海道の緑に囲まれて、ゆったりしたい人にオススメです。

ノーザンホースパークHP

ノーザンホースパーク写真

反対に、いまひとつだった場所は以下。

風のガーデン(富良野市) 訪問時期:6月下旬

DT7A1324

西洋風のガーデンです。せっかくの花が草に埋もれていました。
花は綺麗ですが、無秩序な印象を受けました。

風のガーデン写真

風のガーデンHP

ニッカウイスキー工場(余市町) 訪問時期:11月上旬

DT7A2419

味のある建物が並んでいましたが、印象に残る場所が少ない。

どこを撮ったらいいかわからない場所でした。

ニッカウイスキー工場HP

ニッカウイスキー工場写真

広尾サンタランド(広尾町) 訪問時期:11月下旬

IMG_9185

道内でいちばんがっかりした場所です。
夕方のニュースは誇大広告なんじゃないかって思うくらい、色が寂しい。
白と青しかないんだもん。写真の撮影枚数も100枚満たなかったんじゃないかな。
1泊して、朝一のバスで帯広に戻りました。

広尾サンタランドHP

広尾サンタンランド写真

帯広ばんえい競馬(帯広市) 訪問時期:11月下旬

漫画『銀の匙』でも登場したばんえい競馬。銀の匙関連グッズがたくさん並んでいました。

競馬場の建物は古かったけど、味がある建物でした。
肝心の馬はどうかというと、競馬よりもロースピードでした。
個人的に疾走感がある競馬の方が好きなので、ばんえい競馬が物足りなく思えたのかも。

帯広ばんえい競馬HP

以上が、2014〜2015年に行った道内のスポットです。
行ってみたい場所があったら、今のうちにチェックしてね。

写真の無断使用を固く禁じます。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3