働いている人、就活中の人必読!『もっと自由に働きたい』

現在職に就ている人、就活中の人、これから就活が始まる学生にオススメ。

好きなことを仕事にする考え方、生き方のヒントが詰まっています。

「仕事が辛い」「現状から逃げ出したい」と思う人、必読です。

3年も我慢しない。
3年後ではなく、3ヶ月後に何ができるかを考えろ

大学を卒業したらとか、会社に3年勤めたらとか、やりたいことがはっきりしているのに、時期を見計らうことはやめたほうがいい。
3ヶ月後は多少予測ができるけど、3年後は予測できない。社会が、自分がどうなっているかなんてわからない。だから、今すぐにでもとりかかることをおすすめする。

今やっていることの先に何があるのかを一度考えてみる。3年後のために我慢をする必要はない。3年間同じことをするにしても、我慢をするのと、今できることを楽しむのとではスタンスが全然違う。我慢じゃなくても、今できること、3ヶ月後にできることを積み重ねていけば、3年後はおのずと変わってくるはず。

逃げていい。真逆の方向に全力で逃げてしまえ。

逃げるな、あきらめるな、耐えろ。
それが世の中の美徳というものなのか?

足が立ちすくみ一歩も前に踏み出せなくなるくらいなら、毎日逃げ出したいと思って過ごすくらいなら、立ち向かって玉砕して、心が疲れてしまうくらいなら、真逆の方向に全力で逃げ出してしまえ。

逃げたってその先がない。本当にそうだろうか?
今自分がいる場所がすべてではない。世界は思っている以上に広い。
今いる場所からちょっと戻って進み直すこともできるし、そこで見えてくるものもあるはずだ。逃げ道はいくらでもある。自分にあった居場所もある。自分が腐りさえしなければ。

(中略)

逃げてもいい。あきらめたって、耐えなくたっていい。
「逃げる」という選択肢を一つ自分の中に持っているだけで、もっと自由に生きていけるよ。

逃げる準備。
自分の頭で考えて、考えて、考えて、考え抜け。

今、目の目に漠然とでも「やってみたいこと」があるのなら、今すぐ動き出すことをおすすめする。どんなにささやかなことでも、逆に大きすぎて実現が難しいことでも、「やりたかった」で終わらせることほど、もったいないことはない。

会社の仕事で手いっぱい。やるべきことが多すぎる。時間がない。貯蓄がない。
そこまでしてやりたいことなのか、覚悟もない。
できない理由はいくらでも思い浮かぶ。

個々の事情はあるとは思うけれど、必要以上に身構えてできない理由を自分でつくってしまってはないだろうか。なぜできないのか、できないならどうするのか。
今の働き方や仕事に不満や疑問、将来に漠然とした不安を抱いているのなら、一度じっくり考えてみるのも悪くない。

いきなり会社をやめる必要はない。会社に勤めることがやりたいことかもしれないし、やりたいことは会社にいながらできることかもしれない。組織に所属していることを強みに、やりたいことを実現してもいい。一人でやっていける力がついたら独立したっていい。

志もヴィジョンもなくていい。
まずは小さくても一歩を踏み出せ

何かやりたいけど、何をやったらいいかわからない。
そんな二の足を踏むくらいだったらまず、小さな一歩を踏み出そう。
「何かやりたい!」と思っているなら、自分の周りで困っている人を見つけて、解決の手伝いをすることからはじめてみる。踏み出すときの一歩は小さくていいんだ。

(中略)

何かを始めるときは、志やヴィジョンよりも、とにかく動き出すことが大事。
小さくても、一歩を踏み出すこと。志やヴィジョンを考え抜いてそこに自分をあてはめていくよりも、動き出してみて、自分が向かっていく先に、志やヴィジョンが生まれてくるほうが素直な道だと思う。

「ああせいこうせい」と押し付けるのではなく、読者を元気付ける文体で書かれています。

一読の価値ありの本です。

もっと自由に働きたい(家入一真著、ディスカバー21)

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3