小樽よ!!観光客にあぐらをかくな!!

小樽に行きました。天気は曇り空でしたが、日中の運河を数枚撮影。

2年ぶりに堺町も探訪しましたが、がっかり名所となっていました。

観光客ウケする店ばかりが並んでいました。

海産物を売る店、キャラクターグッズを売る店、飲食店・・・

どれも清潔感がなく、ただただ量産しているだけの雰囲気でした。

外国人観光客にはそれがウケるのでしょうが、小樽の情緒が微塵も感じられない空間でした。

小樽の風情があるのは運河沿いのみ。あとは、日本全国どこでも買えるようなものばかり並んでいました。

DT7A2548

小樽運河

DT7A2557

運河クルーザーは秋も実施しています

DT7A2555

次はどこに行くのかな?

DT7A2554

橋の下で毛づくろいする鳥。

DT7A2558

運河の向かい側にあります。出抜小路の天守閣

DT7A2560

出抜小路にて。美味しそうなパフェですが、店は閉まっていました。

DT7A2563

パフェ屋のすぐそばは海鮮丼や。その奥はジンギスカンとラーメン屋があります。

DT7A2566

悲しげな表情で天守閣を見つめる子どもの像。彼の名はうだつ小僧。

DT7A2574

天守閣から堺町方面に歩くと、ガラス館がありました。雰囲気がある建物です。

DT7A2576

小樽浪漫館。歴史的建造物です。昔は、百十三銀行でした。

DT7A2581

不老館。シルク昆布と「お父さん預ります」が、1軒ごとに登場します。

DT7A2589

小樽の歴史が写真で紹介されています。

DT7A2593

昆布とありますが、中はお土産屋。キャラクターグッズがたくさん並んでいました

DT7A2595

ガラスショップ。仰々しい建物です。

DT7A2594

店内。これ見た途端店から出ました。

DT7A2596

唐揚げのお店。

DT7A2599

ハンカチや傘など、日本っぽい物を販売する土産屋

DT7A2600

いか太郎。海産物を販売する店。大繁盛しています。

DT7A2604

北菓楼。ここでしか買えないリンゴのケーキがあります。ケーキはなまら美味しかったよ。

DT7A2605

グラスとお酒のお店。北海道のワイン、日本酒、焼酎がずらり並んでいました

一番良かったのは夕暮れ時の海の風景だった。

DT7A2641

小樽が誇る物は量産品ではない。運河の情緒と海がある風景だ。

小樽万博の気概はどこいった!?

昭和33年(1958年)、札幌に負けるかと、短期間だが小樽万博が開催された。

万博で使われた遊園地や見世物はもう残っていない。

札幌にはない、小樽運河を築き上げたのなら、なぜそれを誇るような観光地にしないのか。
小樽運河は、小樽市民が埋立反対運動によって残された。
観光客受けするものを次々に量産すれば、観光客にとってはいいのかもしれない。
だが、それでは、町が伝えたいもの、町が誇るものがなくなってしまう。
量産品を並べるだけでは、結局札幌に負ける。

写真の無断使用を固く禁じます。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3