撮りたい写真を素早く撮るただ一つの方法

毎日撮影する。

これに尽きます。

IMG_6584

いつも持ち歩く撮影道具。
カメラとレンズ2本(標準、望遠)、ポーチ。
ポーチには予備のバッテリーとメモリーカード、クリーナー、レリーズタイマーを入れている。

9月から、平日でもカメラを持ち歩いていました。

10月からはほぼ毎日持ち歩き、仕事帰りに撮影しています。時には三脚を持っていきます。
勤務時間中は一切出番なし。撮影道具は退社してから登場します。

昨日アップした北大イチョウ並木は、朝の通勤時間の10分で撮りました。

9時までに出社しないといけないので、タイムリミットが10分しかない。

「どこを撮ろうかな〜」と悩んでいる時間はないので、撮りたいものをテンポ良く撮影しました。10分しか撮影していませんが、満足できる写真が撮れました。

「何をどう撮るか」を常に考えよう

一眼レフカメラで写真を撮るようになってから、どんな場所に行っても、「何をどう撮ろうかな」と考えるようになりました。依頼されたわけでもないのにね。

でも、これって、時間がない状況で撮るのに有効な訓練なんです。

写真を始めた頃は、何をどう撮るかを決めずに撮影していたこともありました。
最近は撮るものを決めて撮影しています。
イチョウ並木の撮影を例に挙げると、「イチョウ並木全体と黄色く染まった葉をアップで撮る」「露出をプラスして明るくしよう。ホワイトバランスは日陰で」など、あらかじめ決めておきました。

70-300 mmの望遠レンズが便利です。

使用しているレンズは、SIGMA F2.8 17-50 mmと、TAMRON F4/5.6 70-300 mmの2本です。常時、これら二つをカメラ本体と一緒に持ち歩いています。
この2つがあれば、大概のものを撮影できます。

特に、70-300 mmの望遠レンズは優れもの。交通標識や人を写さずに、切り取りたい部分だけを撮影できます。近すぎると思ったら、遠ざかれば解決します。

「毎日一眼レフカメラ一式を持ち歩くのはしんどい」という方もいると思います。

そんな人は、スマホでもいいので、毎日持ち歩いて撮影してください。

毎日続けることで、自分が撮りたい写真が、短時間で撮れるようになりますよ。

写真の無断使用を固く禁じます。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3