三脚の購入は耐えられる重さに注意

三脚を買いました。

「これで滝の撮影ができるぞ」と喜んでいたものの、思わぬアクシデントが発生。

それは、「カメラを縦位置にしたときに傾く」ということ。

TAMRON F4-5.6 70-300 mmを取り付けて、縦にすると傾きました。

結局、三脚に取り付けたカメラの下部を支えて撮影しました。

三脚は耐えられる重さに注意して購入しよう。

今回購入した三脚の耐荷重は3 kg。Canon 7D mark2が800gなので、余裕があります。

SIGMA 17-50 mmの標準レンズをつけたときは問題なかった(これで約1 kg)。

ということは、望遠レンズの重さで傾いた、ということ。

店員には、「2.5 kgくらいまでなら耐えられます」と言われたのに〜。

携帯性を取るか、載せられるカメラの重量を取るか

この三脚、折りたたむとカバンに入ります。

毎日持ち歩いて夜景撮影しようかと思うくらい、軽いのです。

折りたたんで多分1.4 kgくらいです。全然重く感じません。

カメラを横向きでセットするんなら問題ないから、日常の撮影には役立ちます。

せっかく買ったお道具だから、活かし方を研究します。

新発見があったら掲載するので、お楽しみに〜

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3