台風の中を出勤・登校する習慣はさっさと廃止すべき

台風のニュースを見るたび、いつも思います。

「台風の日は、会社も学校も休みにすりゃいいじゃん」

天気予報でも、「外出の際は十分注意を」って呼びかけているのに。

公共交通機関が麻痺して、雨風にさらされながら会社に行ったところで、果たして仕事ができるのか?

会社にたどり着くだけで精一杯だろうに・・・。

小・中・高校など、学校も同様。

雨の中登校して授業を受けても、無事に帰宅できるんでしょうか?

午後からは100%晴れるならともかく、その保証もないのに登校させるなんて、安全に配慮していない。

午前中は授業を中止し、天候が回復したら登校でもいいじゃないか。

命があって仕事ができるのです。

命があって学校に行けるのです。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3