ツイッターのトレンドを海外に設定する方法〜ネガティブな情報からメンタルを守るために〜

SNSの一つ、ツイッター。
情報発信や情報収集に威力を発揮するツールです。
他者とのやり取りも可能です。

先日、居住地域で地震が発生した。
トレンドが海外では無意味かと思い、3ヶ月ぶりにトレンド設定を日本にした。

しかし、3日でトレンドを海外にした。
ネガティヴな情報が多いこと、有益な情報が少ないため。
精神的に参ってしまうこともあるので、トレンド設定を海外に戻しました。
設定方法を解説。

設定の仕方

1)設定とプライバシーを開く

2)設定>プライバシー

設定>プライバシーとセキュリティ>表示するコンテンツを開く

3) [話題を検索]設定画面の、場所を調べるを開く

この画面では「北海道 南区」になっています。
これを任意の国に変更。

4) 日本以外の国に設定

設定可能な国のリストが表示されます。
一覧から選んでも良いし、検索してもOK。

英語を学習しているなら英語圏など、学習している言語の国にしても良さそうですね。
もちろん、言語学習関係なく、憧れの国に設定しても良いのです。

自分が読めない言語の国にしても良さそうですね。

今回はフィンランドにしました。

5) トレンドが設定した国に変わる

おすすめトレンドが、4)で設定した国に変わりました。
でめたしでめたし。
※設定の反映には1日~2日かかる場合があります。
※プロモーションは日本語表示されます。

トレンドを海外にしても不自由ゼロ

わたしの場合ですが、トレンドを海外にしても全く問題ありませんでした。
ツイッターのヘビーユーザーではないこと、投稿はしても宣伝ではないというのもあります。

1) 日本のトレンドは有益な情報がない

日本のトレンドは、ネガティヴな情報ばかりが流れてくる。
このご時世故というのもあるが、「やれ自粛しろ!」「オリンピック反対!」「いやオリンピックは開催するぞ!」など罵詈雑言の嵐。

わたしはアニメ、漫画、アイドルにも興味がゼロ。
じゃあ、日本のトレンドじゃなくてもいいや。

2) 必要な情報は検索クエリで調べられる

ツイッターにもgoogleと同様、検索クエリが存在する。
そこにキーワードを入力すれば、必要な情報を得られる。

例えば、居住地域で地震が発生したとする。
「居住地域 地震」と入力すれば、関連する情報を一瞬で入手できる。
ハッシュタグ(#)をつけて検索しても良い。

ツイッターは使い方によっては日常を楽しくしたり、情報発信と収集に便利なツールです。
しかし、トレンドを見て精神的なダメージを受けていては、元も子もありません。
トレンドを海外にして、ネガティブなものは見ずに便利な部分の恩恵を受ける使い方もあります。
ご参考まで。

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター