あんまん肉まん焼いてみたのレビュー

写真は「あんまん焼いてみた」「肉まん焼いてみた」。
あんまんや羊羹など、小豆を使った食品メーカーの井村屋が製造、販売しています。

ちょっと面白そうだったので、スーパーで購入。
2個入りで300円。

食べ方

1) 袋のまま電子レンジで加熱

600Wで2分加熱。
1:20や1:30だと、2個温める場合は不十分。
一部冷たかった。

2) (オプション)袋から出してトースターで加熱

トースターで2~3分温めると、さくさくの食感になります。

実食

うん。
あんまんと肉まんをパンにしました、という食感。
味はそのままあんまんと肉まん。

個人の意見だけど、アンマンと肉まんはそのまま食べる方が美味しい。
表面をカリカリにしても、中身がふわふわ食感なのだよ。
これなら全てふわふわか、全てさくさくなのが良いな。

2003年~2004年頃に、ミニストップでカリカリ海鮮まんという商品があった。
表面がカレーパン風のサクサク食感で、中には海鮮マンの具がたっぷり詰まっている。

2004年に横浜中華街に行った時も、海鮮マンを食べた。
ミニストップのカリカリ海鮮マン約5個分の大きさの海鮮まん。
なまらおいしかったよ。

見た目はパン、中身はあんまん肉まんなら、中途半端さが否めない。
これなら100%あげアンマン、あげ肉まんにすれば良い。
それか、表面サクサクの海鮮マンにすると、オリジナリティが出るかな?と思う。

サクサク食感プラス小豆(小豆の春巻き、など)のお菓子なら、より一層井村屋のカラーが出るのかな?と思います。

あと、欲を言えば、もうちょっと1個あたりの大きさを大きくしてくなんしょ。
こんなに小さくて2個300円は割高に思うよ。
3個入り300円なら、納得ですね。
あんまん肉まんが並ばない春~夏には、また買うかもね。

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター