iMacを下取りに出す流れとやることまとめ

2015年から6年間使用していたiMacを、Apple Trade Inで下取りに出した。
集荷までにやることをまとめました。
3)と4)の手順はこちらにあります。
Macを売却、譲渡、下取りに出す前にやっておくべきこと

1) Apple Trade Inの利用申請

新しいパソコンを買う際に、「Apple Trade Inを利用」をクリック。
下取りに出すPCの情報を入力。
新しいPCを購入。
新しいPCが届いたらセットアップしましょう。

新しいPCを買う際に、下取りに出すPCの集荷日時を指定します。
確実に自宅に居る時間を指定してください。

2) バックアップの取得

下取りに出すPCは、必ずバックアップを取ってください。
外付けHDDでも良いです。

3) iCloudをログアウト

下取りに出すPCでiCloudにサインインしている場合は、サインアウトしてください。
システム環境設定>AppleIDを開き、手放すデバイスを選択してログアウトできます。

4) 初期化

Appleの公式が手順を公開しています。
手順に従って初期化。

5) 集荷。パソコンと電源ケーブルを配達員さんに渡す

梱包は不要です。
というのも、配達員さんが専用の箱を持ってくるためです。
もし梱包したのなら、梱包を解いて、パソコン本体を配達員さんに渡してください。

今回も、ヤマト運輸の配達員さんが専用の箱を持ってきました。
PC本体と電源ケーブルのみで良いとのこと。

ゆえに、キーボードとマウスは手元に残しました。
現に、マウスはbluetooth接続して、MacBookAirと一緒に使用しています。

Apple Trade Inは梱包不要

2021年1月にも、iPhone6s plusをApple Trade Inの下取りに出しました。
この時も梱包は不要でした。
初期化した本体を配達員さんに渡して終了。

下取り対象外の製品を除き、Apple Trade Inは製品の箱がなくても利用できます。
Apple製品を新調したい人は利用してみてはいかがでしょうか。

ツイッター