iPhone12miniの返品を迷って、結局返品しなかった4つの理由

2020年11月に発売されたiPhone12。
わたしは2021/1/18に、iPhone12 miniを購入しました。
2017年から使用していたiPhone6s plusのバッテリー消費が早くなったためです。

使用してわかったことは、ネット接続が不安定であること。
WiFiをONにしていれば何ら問題ないです。
しかし、外出先や自宅でWiFiをOFFにしていると、メールやLINEを受信できません。
当然、ネット接続も不可。

「返品してiPhone11にしようかな」とも思ったのですが、結局しませんでした。
理由は以下。

1) 「絶対これがいい!」というデバイスがなかった

iPhone11の色が、どれも気に入らなかったのですよ。
なんか、ピンとこない。

iPhone11 Proか、iPhone11 Pro Maxのミッドナイトグリーンが良かったのですが、それらは品切れでした。

いくら返品して全額戻るとはいえ、気に入らないデバイスに7万円も払いたくないです。
Apple Trade Inを利用して1万円引としても、6万円。
ゆえに、iPhone12 miniを使い続けることにしました。

2) ポケットWiFiを持ち歩けば、ネット接続の問題が解決する

外出時に、ポケットWiFiを持ち歩けば解決。
それだけです。

というか、WiFiをオフにしてネット接続すると、月々のスマホ使用料金がかかりますからね。
今はBIGLOBEの格安SIMを使っていますが、気づかないうちに利用料金が2000円以上になっていることがありますねぇ。
気をつけないと。

WiFi接続ならそんな心配なし。

3) ゆくゆくは5G回線が主流になるだろうという予測

大手キャリア(docomo,au,ソフトバンク)も、5G回線!と謳っています。
いますぐは無理でも、そのうち5G回線が主流になるだろう、と予想しています。
さて、当たるのか?

4) ポケットWiFiの契約が2021年7月で終了

2019年に契約した今のWiFiの契約が、今年の7月で終了です。
その時は、4Gと5G両方に対応したWiFi端末が登場するかもしれません。

また、その頃は、WiFi端末を持ち歩かなくても、iPhone12単体で問題なくネット接続できるかもしれません。
これも予想ですね。

以上が、iPhone12を返品しなかった理由です。
3)と4)はどうなるかがわかりません。

現状、使うのに不自由はないので、このまま使い続けます。
コンパクトなiPhoneは快適ですよ。

ツイッター