放送大学2020年2学期の反省点2つ

2020年10月に、放送大学情報コースに3年編入しました。
授業を受けて単位認定試験を受験するという一連の流れを経験しました。

今期の反省です。

学び方:絶対の答えはない。自分に合った答えがベストアンサー

これが一番難しいです。
わたし自身、熱心に取り組んだとはとても言えません。
今だに、どうやって学べば良いのかがわからずにいます。
2020年11月から、興味を持った科目をつまみ食い的に視聴して、興味の対象を模索中です。

放送大学はあーせいこーせいと命令する教員は一人もいません。
「こうすればいいよ」と助言する教員もいません。

自分で考えて学習するのです。
これが小中高、他の大学との違いですね。

履修:いきなり専門科目を履修登録するな

これですね。
これにつきます。

今期履修登録した科目は、9科目中8科目が専門科目。
それも、専攻と異なる分野の。

心理学系科目は予備知識があったのでどうにか?なったけど、情報系科目は知識ゼロで挑みました。
ゆえに、未消化のまま終わっています。

未知の分野を学ぶ場合、基盤科目など入門科目を受講する方が良いです。
いきなり専門科目を履修→わからん→分野を嫌う、興味をなくす、という悪循環を防げます。

2021年1学期の予定

情報系は基盤科目を取る予定です。
広く浅く、情報学系の分野を学べます。
自分の興味の対象を知るのが先決かと。

あと、数学や統計の基礎科目を取ろうかな。
個人的に、数学と物理ができる人は、かっこよさのポイントが1億万くらいあると思うんだ。
わたしは生物系専攻だけど、数学と物理になまら憧れがある。

今回履修登録した未消化の科目は、基礎を学んで再度学びます。
その時に深く理解できるといいな。

以上が、2020年2学期の反省点です。
2026年10月まで在学できるので、一つでも自分を満たせるものを見つけます。

ツイッター