ロイズのお菓子はアレがないのでどれだけ食べても安心です

カロリー。
実は、ロイズのお菓子にはカロリーがないのです。
理由を説明します。

1) ポテトチップチョコレート

甘いものとしょっぱいものが一体になっているのでカロリーゼロ。

甘いものとしょっぱいものを交互に食べると、カロリーゼロ。
このお菓子は、甘いものとしょっぱいものが一体になっている。
よってカロリーゼロ。

2) ピュアチョコレート

丸いからカロリーゼロ。
丸くて、形そのものがゼロを表している、ピュアチョコ。
波模様が、カロリーを打ち消しています。
※絵はわたしが描きました。

3) 生チョコレート

クリームが17%含まれているのでカロリーゼロ。
ロイズの生チョコレートは、生クリームや洋酒などの水分が、17%以上含まれています。
これが美味しさの秘密。

クリーム=白い=ゼロカロリーです。
原材料に一つでも白いものが含まれていれば、カロリーが吸収されるので、食品そのものがゼロカロリーとなるのです。

4) ホワイトチョコレート(板チョコ・生チョコ・ピュアチョコ)

白いからカロリーゼロ。
カロリーは白いものに吸い込まれます。
全体が白いものにカロリーが吸収されているので、当然カロリーゼロ。

5) ショコラキュイ(チョコ・抹茶・黒糖)

ホロホロしているのでカロリーゼロ。
チョコレートでもなく、クッキーでもないお菓子、ショコラキュイ。
夏でも溶けないチョコレート。
もちろん、ストーブをバンバン焚いた部屋でも溶けません。

クッキーのサクサク感はなく、ホロホロと溶ける感じ。
ホロホロ溶けるものにカロリーなどございません。

6) クルマロショコラ

マシュマロがカロリーを吸収するのでカロリーゼロ。
クルミとマシュマロをミルクチョコレートでコーテイングしたお菓子。
切らさった(切られた)小包装タイプと、自分で好きな厚さに切るタイプのものとがあります。

7) フロマージュ系スイーツ(生チョコ・バトンクッキー)

白いからカロリーゼロ。
2019年に、フロマージュ(チーズ味)の、生チョコレートとバトンクッキーが登場しました。
生チョコレートは11月〜12月限定、バトンクッキーは通年販売です。

チーズの味ですが、チーズチーズチーズ!と主張しない、優しい味です。
チーズが苦手な人でも食べられます。

どうだ!
ロイズのお菓子もゼロカロリーだ!

北海道の食べ物にはカロリーがないのです。
当然、北海道発祥のロイズのお菓子もカロリーゼロ。
安心してお召し上がりくださいませ。

ロイズがなまら大好きな道景写真家
夏澄

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター