2020年に使い始めてよかったもの2つ

2020年に購入して、使い始めたものです。
生活の満足度を爆上げしました。

1) メスティン

これ一つで、炊飯から煮る、焼く、炒める、蒸す、の調理ができます。
ほぼ毎日料理しています。

炊飯はもちろん、オムライス、明太高菜ご飯、鯖味噌ご飯、コンビーフポテト、クリームシチュー、インスタントラーメン、うどん、餃子スープ、ホットケーキを作りました。

料理する楽しみ、食材を買う楽しみが増えました。
食生活を支える最高の相棒です。

2) iPad mini 5

放送大学の講義視聴&電子書籍購読用に購入。
なまら便利。
電子書籍は大容量にする方が良いと聞き、256GBを購入。
ベットで横になりながら講義を視聴したり(おい!)と重宝しています。

特に、電子書籍を読むのに便利。
料理レシピなど、写真が多い本を読むときに威力を発揮します。
一度手放した本を、再度電子版で購入しました。

生活の満足度を上げるものにお金を使う

メスティンが1700円。
iPad miniが6万円。

鍋一つに1700円は、高いと思うかもしれません。
それでも買ってよかったです。
生活のクオリティを爆上げするのですから。

iPad miniは6万円しますが(カバーも買ったので7万円)、使わない日はありません。

Apple Trade Inを使えば、古い機種を下取りに出して、最新のツールを購入できます。
今後は1年半~2年で買い替えて常に最新版を使おうかな、と思いました。

古い機種を使いながらイライラするくらいなら、パッと最新版に買い替えると、ストレスも激減します。

2021年も生活をコンパクトにするのが目標の道景写真家
夏澄

ツイッター