「具合悪いなら休め!」を合言葉にしよう

風邪薬のCMの大半に、このようなセリフがある。
「辛いのに、休めない」

もうやめようよ、このセリフ。
むしろ、「具合が悪いなら寝てください!」と呼びかけるCMを流すべき。

風邪薬を製造、販売している製薬会社にとっては、「具合が悪いなら寝ていてください」と言う内容では、商売上がったりなのだろう。
でも、「休みたいけど休めないから、風邪薬を飲んで無理する」と言う内容は、残酷としか言いようがない。

2020年はCOVID-19の影響もあり「少しでも体調不良なら自宅で養生」と言う風潮もあった。

COVID-19がもたらした影響はマイナスの内容が多いけど、「体調が悪ければ休む」と言う風潮はプラス。
むしろこれを機に、どの業界のどの職種も、体調悪ければ休める社会に変わればいい。

風邪薬を飲んでまで頑張る仕事ってないよ。

風邪も含めて、体調不良なら寝て休む。
これが一番の薬です。

ツイッター