冬服をウィンドウショッピングする理由を考察してみたよ

なぜか、冬服が並ぶと店を見てしまう。
春服、夏服、秋服だとそれがない。

わたしはそれほど服を欲しがらない。
好きなデザインの服が必要な数(2~3セット)あれば良い。

夏服も冬服も、5セット(会社に着る服は、夏2セット、冬5セット)のみ。
春服と秋服はありません。

北海道は春と秋が短いので、春服と秋服という概念がない。
どちらも6週間くらいです。
20週間は夏、20週間は冬。

ゆえに、夏服と冬服とで調整しています。
※他の道内在住者全員がこういうわけではないです。

なぜ冬服だと、買う目的もないのにお店を見てしまうのか?
理由を考察してみる。

1) 好きなデザインが多い

ユニクロや無印良品は、シンプルでおしゃれな服が多いですね。
色もグレー1色などシンプルで、飽きないデザイン。
だから欲しくなるのかも。

2) チェック模様が自分好みの模様が多い

他の季節と比べて、チェック模様の服が多く並ぶと思います。
チェック模様と色が、自分好みの服である場合が多い。
ゆえに、ついつい見るのかも。

3) 「この○○を着ると、わたしって素敵な人っぽい?」という錯覚

○○には商品が入ります。
セーター、コート、靴など。

「このセーターを着ると、わたしって素敵な人っぽい?」
「この靴を履いているわたしってカッコイイ?」
などと想像しています。

コートも靴も、5年以上前に買ったものがあります。

今は関東在住なので、1年中同じ靴を履いている。
今履いている靴のほか、新品の靴が1足(札幌から関東移住時に購入)、ビジネスシーンで使う靴が1足、サンダル1足、合計4足。

新しいのが欲しいわけじゃないけど、なんとなく、「ああ、このコート着たらかっこいいなぁ」などと思うのかもしれません。
「この靴を履いているわたしって可愛いなぁ」とかね。

完全に錯覚ですが。

で、買うの?買わないの?

「どうしても欲しい!絶対この○○(セーター、コート)がいい!」と思ったら買います。

なんとなく欲しいでは買わないと決めています。
保管場所がないからね。

経験だけど、なんとなくで買った服は着ない。
せいぜい2~3回着て、手放す。
本当にお気に入りなら毎日着て、3ヶ月でボロボロにするからね。

靴も同じ。
6ヶ月〜1年で履き潰します。

結論:錯覚

冬服ってシンプルでかっこよくて可愛いものが多いんだよね。
だからついついお店を見るのかも。
「この服を着ている自分って素敵」と、一瞬夢を見るんだな。

迷うってことは、なんとなく欲しい、なんだよね。
本当に欲しかったら、パッと買っている。
もちろん、衝動買いではなく、事前に価格を調べて検討はするけどね。

本当に欲しければ、2回目にお店に行ったときに買っている。
だから想像して楽しんでいるだけなんだな。

というわけで、冬服ウィンドウショッピングの理由が判明しました。以上。

またひとつ謎が解けた道景写真家
夏澄

ツイッター