家事は生きる上で必須。自分でできると人生の満足度が爆上がりするよ①主婦(母親)の立場の方へ

このような記事を読んだ。
お母さんが働き続けるためには

わたしは独身ですが、家事で困った経験はゼロ。
自分に必要な家事は自分でできるので、生活面では人生に満足しています。

主婦(母親)、夫(父親)、子供の立場で、家事に対する印象が異なると思う。
てな訳で、それぞれの立場の方に、家事を少しでもラクにする方法を紹介します。

家事を教えるのは先行投資。将来はメリットだけが残る

子供が小さいと、あなたの真似をして、家事をしたがることがあると思います。
その時、お子さんができることの範囲でいいので、やらせてください。

あなたがやるように、完璧にできないことは当たり前です。
それでも、子供がやりたいと言ったら、チャレンジさせてあげてください。

なぜか。
将来的に、あなたがラクできるから。

自分がやったほうが早いのはわかるよ。
子供がやれば、手間も時間もかかる。
仕上がりもぐちゃぐちゃ。
でもね、遅かれ早かれ、子供に家事を教える時期は来る。

私見ですが、5歳以上の子供なら、洗濯機の操作や掃除機がけくらいは出来ると思う。
これだけでも、子供が自分でできたら上出来ですよ。
出来栄えにかかわらず、子供が家事をしたら、褒めて褒めて褒めまくろう。

一人で問題なく出来るようになれば、「お洗濯お願いね」「お掃除お願いね」と、子供に依頼できます。

注意点は命令しないこと。
お願いしてくださいね。
命令したら、子供は自分の分はやっても家族の分はやらないなど、非協力的になります。

子供が10歳以上になっても、一切家事をしない、できなかったらどうしますか?

「お料理くらいしなさいよ!女の子なのに!」とブチキレますか?
「自分のことくらい自分でやってよね!情けない」とけなしますか?

子供がやりたがったときに、教えておけばよかったのに。
まあ、一人暮らしをすれば、必然的にできるようになるんだけどね。

家事を教えても自分でやらない場合はどうする?

「毎週○曜日は主婦業はお休み!掃除も洗濯も料理も自分でやって」と突き放す。
強制的に、主婦業(母親業)休みの日を設けましょう。

そうすれば、子供は自分でせざるを得ないからね。

洗濯機の操作やモノのありかは教えてね。
教えもせずに突き放すのは怠慢だよ。

注意点は、あなたのやり方と異なるやり方(洗濯物の干し方、畳み方、食器をしまう場所)だとしても、叱らない。
「対応ありがとう。でも△ではなく、○の方法でやって欲しかった。
対応してくれたことはありがとう。」と伝えましょう。

これでキレたり口出ししたら、子供は二度と家事をしないです。
一人暮らしするまでは。

子供が小さいうちから家事を習慣にするのが、子供の自立と主婦(母親)の休みに繋がります。

主婦休みの日を滅ぼしたい道景写真家
夏澄

ツイッター