教えるときにキレたあなたへ

相手の何にキレたのかな?
態度?
理解度?

キレたことはまず謝る。
その上で、あなたの要望を伝えて、情報(マニュアルなど)を相手に全て渡す。

次回から一人で作業できるようになって欲しいなら、そう伝える。
「教えたことはメモとってね。次から一人で作業してね」と。

もし、相手が手順書の確認を依頼してきたら、確認してください。
自分で手順書を作っただけでも立派です。
相手の努力を認めてください。

「次回からは一人で動いてね」と言って、メモを取る人は半分くらい。
わたしの雑感で20人いたら10人くらい。

メモを取っても、自分で手順書を作る人は、もっと少ない。
わたしの雑感で、20人に1人いるかどうかです。

「キレちゃいけないってわかっているけど、キレてしまう」
うん。
かく言うわたしもそうだった。
2016年までは。

2016年、実験助手として勤めていた時のこと。
職場の同僚に「キレられて怖かった。内容が頭に入らなかった」と言われた。

謝罪した後、実験手順書を職場内に展開した。

手順書を展開後、すぐに効果が現れた。
学生や同僚が自分一人で作業できるようになった。
おんぶに抱っこではなく、自分の足で歩けるようになった。

それ以来、教えるときにキレることがなくなった。

質問はマニュアルの細かな点(スケジュールの組み方や、作業手順の解釈の確認)のみ。
これは穏やかに対応できた。

情報開示が周囲の自立につながる

教える立場なのにキレる人へ。
マニュアルを展開してください。
これだけで周りは自立します。
あなたがキレる頻度が1/5~1/10になります。

職場の人全員がわかるマニュアルでなくても良いです。
そもそも、全員がわかるマニュアルなんて作れないです。
あなたが使っているマニュアル(自作でも、代々受け継いでいるのでも良い)があれば、それを展開するだけで良いのです。

相手が質問に来るのは、その情報がないためなので。
ただ、「○はどう言うことですか?」「△の解釈で合っていますか?」と確認に来た場合は、穏やかに対応してください。

相手は情報を補完しているだけです。
あなたに迷惑をかけているわけではないのです。

マニュアルを展開し、あなたが知る情報を全て相手に提供すれば、相手は自分の足で歩き出します。
いつまでもあなたにおんぶに抱っこではないのでご安心を。

それでもおんぶに抱っこの人がいれば、叱って良いです。
「自分の足で歩け」と。

キレぐせは一朝一夕に治せませんが、マニュアルの展開ならすぐにできます。
周囲を自立されることが、あなたの負担軽減に繋がります。

ツイッター