Apple製品をリサイクルする前にすべきこと

Apple製のPCとiPhoneを、リサイクルに出すときの注意点です。

古いMacBook Pro(ノートPC)をリサイクルに出した。
Apple Trade Inに掲載されていたリサイクル業者に問い合わせた。
2010年に購入したPCのため、下取りの対象外。

驚いたのは、PCのデータ消去は下取りする製品のみ実施とのこと。
リサイクルと下取りは業者が異なるのです。

リサイクルの場合、自分でデータ消去する必要があります。
データ消去は、15分あれば終わります。

iPhone4(2010年購入)は、ソフトバンクのリサイクルを利用。
大手キャリア(docomo,au,ソフトバンク)では、破壊サービスを実施していますが、店舗により実施しなかったり、対応時間が決まっている場合があります。
こちらはPCのリサイクル業者とは別。

MacBook Pro

1) データ消去と初期化は自分で行う

リサイクルの場合、業者はデータ消去しません。
そのため、自分でパソコンを初期化する必要があります。
「mac 初期化」で検索すると、方法を記したサイトがいくつも見つかります。

2) リサイクルシールが必要。必ずPCに貼り付ける

PC購入の際、リサイクルシールが付属しています。
このシールを処分するPCに貼ってください。
これがあれば無料でリサイクルできますが、ない場合は有料です。

3) 付属のCD-ROMとマニュアルは自分で処分

業者曰く、「PCとケーブルは回収するが、マニュアルやCD-ROMは回収しない。自分で処分する」とのこと。
付属のCD-ROMが2枚(MacBook ProのOSインストール)があったのですが、2枚ともハサミを入れて処分しました。
マニュアルはゴミ箱に可燃ゴミとして処分。

4) ダンボールは自分で用意

処分するPCをダンボールに詰めるか、二重にしたゴミ袋に入れます。
今回はダンボールを使用。
ダンボールの場合、緩衝材は不要です。

5) エコゆうパックから伝票が届いたら、それを貼り付けて発送

リサイクル申し込みから約1週間で、伝票が届きます。
今回は、2020/11/5に申し込み、2020/11/7に伝票が届きました。
集荷は依頼するか、郵便局に持ち込みます。

iPhone4

1) データを消去

消去したデータは以下。
写真、音楽、メール、メモ、連絡先(アドレス帳)、safariのブックマーク、リーディングリスト

iPhoneのリセットは以下の手順で実施。
設定>iPhoneのリセット>OK

リセットの後、言語設定、使用地域設定、キーボード設定がありますが、そこはスキップ。
リサイクルするので、設定が不要。

2) 破壊サービス or リサイクルを依頼

大手キャリアショップ(docomo、au、softbank)のいずれかのお店で、破壊サービスを依頼してください。
機種やキャリア(大手キャリア、SIMフリー)を問わず、対応OKとのこと。

店舗によっては、破壊サービス非対応だったり、リサイクルの場合があります。
ケーブルは引き取り不可なので、自分で処分しましょう。

Apple Trade Inを使えば便利かなと思ったけど、下取り以外は自分でデータ消去が必要です。
方法は調べればすぐに見つかるのでご安心ください。

新しいMacBook Airを買う気の道景写真家
夏澄

ツイッター