メスティンレシピ・オムライス

メスティンでオムライスを作る方法。
今回は我流で作ったので、数カ所改善点があります。
以下、レシピです。
後日リベンジするので、ベータ版のレシピです。

1) 材料

パックご飯、冷凍の野菜、冷凍ウィンナー。

今回はパックご飯を使いました。
やっぱりオムライスは白米が良いです。

ウィンナーは冷蔵保存が一般的ですが、わたしは冷凍保存しています。

2) メスティンにサラダ油を引く

サラダ油を底面と側面に引きます。
ホットケーキを作った時と同様に、多めに油を引いて全体に塗ったほうがよかったですね。
焦げ付きを減らせます。

3) パックご飯を敷き詰める

スプーンでパックご飯を敷き詰めました。
しゃもじを使わなくても良いのが、メスティン調理の良いところ。

4) ウィンナー、野菜、ケチャップを投入

ご飯の上に、ウィンナー、野菜、ケチャップを投入。
ここではケチャップは1袋(1.2g)ですが、2〜3袋投入してもよかったかも。

5) 5分間火にかける

ウィンナーに火を通すためです。
最初から、冷蔵保存のお魚ソーセージかボロニアソーセージを使えばよかったです。
オパンポですね。

この間に、卵をときます。
今回は卵を2つ使いました。

6) メスティンに溶いた卵を投入

卵を投入。
ケチャップが足りなかったので、追加投入しました。

7) 5分間火にかける

『メスティン自動レシピ』によると、固形燃料(小)の燃焼時間は5分。
それに従って、弱火と中火の間で5分加熱。

8) 完成

美味しかったです。
ちゃんとオムライスでした。
ウィンナーにも火が通ってました。
よかったよかった。

ご飯はきつね色に焦げた箇所がありましたが、美味しかったです。

反省点

①油を多めに引く

焦げ付きが不安なら、油を多めに引きましょう。
上部まで引くと良いです。
調理用のハケを使っても良いですね。

②ケチャップを多めに用意

好みの問題ですが、個包装のケチャップでは、ケチャップ度が足りません。
今回は3.6g(1.2g/袋x3袋)使いました。
多めに入れるか、パスタソースを使っても良いですね。

③冷蔵の加工肉を使う

冷凍の加工肉、それも固まりのまま使うのはオパンポですね。
冷蔵の加工肉(ウィンナー、お魚ソーセージ、ボロニアソーセージ、ブロックベーコンなど)を使うと、火の通りが良いです。

てな訳で、オムライスリベンジはします。
なまら好きな料理だから、美味しく作れるようになりたい。
鍋一つでオムライスが作れたら最高ですよ!

メスティンオムライスを極めたい道景写真家
夏澄

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター