主婦の休みは好きな日に作ればいい

「主婦休みの日」をご存知でしょうか?
わたしは先月知りました。

wikipediaによると、定義は以下。

サンケイリビング新聞社が2009年から提唱する日本の記念日。
毎年1月25日、5月25日、9月25日であるとする。

1) 家事や育児に頑張る主婦がリフレッシュできる日。
2) 家族が元気になってニッポンも元気になる日。
3) 夫や子供が家事にチャレンジする日&パパと子供が一緒に行動する日

wikipediaより引用。

くだらない。
実にくだらない。
主婦休みの日なんて、各家庭で、勝手に決めりゃいい。
以上!

わたしは独身です。
結婚願望ゼロ。
子供はいないし、いりません(大の子供嫌い)。

でもね。
主婦休みの日なんて、好きなときに休めばいいよ。
年に3回ではなく、「毎週○曜日は主婦(母)業はお休み!家事を一切しません!」と休んでいいんだよ。

じゃあ、家事はどーすんのかって?
夫と子供がやればいい。

「夫や子供が家事にチャレンジする日&パパと子供が一緒に行動する日」でもあるんでしょ。
だったら、夫と子供が家事をすればいい。

あるいは、夫と子供が一緒に出かけて、主婦(母親)に一人の時間を与えればいい。
もちろん、家事は一切しなくて良い。

5歳以上の子供なら、洗濯機の操作や洗濯物干し、掃除機かけくらいはできるんじゃないのかな?
もちろん、方法を教えてください。
※安全には充分配慮してください。

「俺、一切家事できないんだけど・・・」
夫よ、今まで何しとったん?
一人暮らししたことないんですか?
一人暮らしの経験がゼロでも出来ます。

自分のことは自分でできるようになってくれ。
夫は大きな子供じゃないんだよ。
自分の身の回りのことは、自分でしてくださいな。

「家事がしんどい!」というのなら、食洗機、ドラム式洗濯機(洗濯から乾燥まで一貫して行う)、全自動掃除機(ルンバなど)といったハイテク家電を導入してみてはいかがでしょうか。
これらの電化製品を導入するだけでも、部分的に家事の負担が減るかと。

お金に余裕があれば、家事代行サービスを利用してもいい。
調理や食材の下ごしらえ、掃除、洗濯など、あらゆる家事をお願いできるよ。

主婦だって人間です。
年に3回の休みでは、リフレッシュできませんて。
主婦(母)が休みたいときに休めるのが、本当の意味での主婦休みの日です。

ツイッター