豊かな暮らしについて2週間考えて出した答え

このような記事を読んだ。
本当に豊かな暮らしって何?

この記事を読んで以来、豊かな生活とは何かを、ここ2週間近くずっと考えている。
月並みな結論ですが、わたしにとっての豊かな暮らしは以下です。

1) 衣食住が満たされている

雨風をしのげる家がある。
食べたいものを食べられる。
着たい服を着られる。

外が荒れ模様でも、自宅にいれば安心。
好きな時に温かいご飯も、美味しいお菓子も食べられる。
お気に入りの服を着て過ごせる。
笑いたくなったらYouTubeで好きな番組を見る。
暖かいお風呂に入れる。

衣食住が満たされて、お金に困らない生活ができるのが、豊かな生活の大前提です。

2) 誰のお伺いも立てずにお金を使える

子供時代は、欲しいものがあっても、親の財布に依存せざるを得ませんでした。
進学など高額な費用がかかるときは、親との衝突や怒りがたくさんありました。

働き始めてから8年。
自分で収入を得ている今は、好きにお金を使えます。
誰にお伺いを立てる必要もなく、全部自分の裁量で決められます。

例えば、ロイズのお菓子。
毎月1万円をロイズ予算に充てていますが、誰にも何も言われません。
食べたい時に食べたいだけ買えます。

例えば、放送大学。
親の許可を得なくても、大学に行くこともできます。
心理学と情報系の科目を学んでいます。
どんな科目を履修しようと、何年在籍しようと、わたしの自由です。

以上が、わたしが思う豊かな生活です。
みなさんはどうですか?ご意見お待ちしております。

子供時代の自分にお金の増やし方と使い方を教えたい道景写真家
夏澄

ツイッター