突然現れる君に名前をあげよう。ほしい物リストを公開してみる

皆さんは、時々無性にモノが欲しくなることはありませんか?
わたしはあります。

元来、物欲が希薄な方です。
ショッピングモールに行って、「あれも欲しい!これも欲しい!」と思ったことがあまりないです。
あるとすれば、新千歳空港で、北海道のお菓子を見たときに「あれもこれも全部食べたい」となるくらいです。
ゆえに、北海道では財布の紐が緩みっぱなしなのです(おい!)。

物欲が湧いたら、欲しいものを書き出して、購入を検討。
買う場合もあるし、半年以上悩んで結局買わない場合もある。

そこで欲しいものを挙げてみる。
どなたか買ってくなんしょ。

1) MacBook

Macのノートパソコン。
2010年に買ったものが重いこと、動作が遅いので、新しいものに買い替えたい。
しかし、ノートパソコンを持ち歩く機会がゼロ。
iMacがそろそろ寿命となったら買おうかな。

2) iPad mini

高城剛氏の著書『Life Packing2.0』で紹介されていた。

iPhoneでkidleを読むのは画面が小さい。
YouTubeを見るのも同様。
iPadくらいの大きさなら、写真がたくさんの本も読みやすくなるのではないか。

3) Kindle Paperwhite

これはiPad miniと悩んでいる。
こちらはKidle端末で、読書に特化したツール。

4) 財布

クアトロガッツの財布を2020年始めに知った。
キャメルの財布が欲しいと思い、早8ヶ月経つ。

今使っている財布は、使いにくいとか、古くなったというわけではない。
10年使っているが、状態は良い。

財布って、どんなタイミングで買い替えるんだろう?

5) 小型のカメラ

現在、Canon 7D mark2を使用。
2019年1月には修理に出した。
当時は買い替えも検討したが、「絶対このカメラがいい!」と思う製品がなかった。

カメラは正常動作するが、次に買うなら小さいカメラがいい。
最近、カメラが重く感じるのです。

ただ、壊れるまでは使う。
5年間、いろいろな場所に行った思い出もある。
モノを擬人化するのはあまりないのだが、このカメラは使わなくなってもしばらく手元に残しそうです。
思い出として。

以上、欲しいものリストでした。

物欲と戦う道景写真家
夏澄

ツイッター