本日は防災の日。というわけで備えている防災道具を公開してみる

本日9月1日は防災の日。
というわけで、わたしが備えている防災道具を公開してみる。

「これがあると便利」「これはいらない」というものがあれば教えてください。

これまでに大きな震災や台風の被害に遭ったことがないですが、一人でも生き延びられるように準備しています。

1) ポータブル電源

2020年5月に購入。
これまで停電は経験がないのですが、2019年の台風19号の時に、ポータブル電源の必要性を実感。

コンパクトなので本棚に置けます。
軽いので小学校低学年の子供や女性でも持ち運びが簡単です。
車のシガーソケットからも充電できますよ。

PowerArQ:https://www.yodobashi.com/product/100000001004406925/
(ヨドバシネットに移動します)

アマゾンは出店者から取り寄せ、ヨドバシは在庫わずかとありました。
平常時に備えるのが良さそうですね。
災害時は争奪戦になりますよ。

2) カセットコンロ

2019年10月の台風19号に備えて購入。
その時は出番がなし。

購入からもうすぐ1年経ちますが、今だに箱の中。
独立して使えるガスコンロがあるとわかっているだけで安心します。

もちろん、ガスも併せて購入するのもお忘れなく。

3)  水

写真は自宅に保存している水のストック。

必ず用意すべきものナンバーワン。
誰でもすぐに準備できます。

ホームセンターやアマゾンなどの通販で、500mL入りペットボトル24本入りを購入すると良いです。
わたしはゆきのみず(550mL/本,ロジテック)と、おいしい水(600mL/本,アサヒ飲料)を、合計22L分ストックしています。
台風に限らず、冬の季節性インフルエンザなどの急病時にも役立ちます。

4) 食品

ROXのコンテナボックス(740-3L)に、あらゆる食品を保管しています。
いわゆる、ローリングストックです。

普段の食事でも食べています。
もちろん、食べきったら買い足しています。

以下、写真で紹介。

パックご飯とおかゆ。

春雨スープとインスタント味噌汁。お湯を注げば食べられます。

ハヤシライス。ご飯をゴージャスにしたいときや、味の濃いものを食べたいときに。
自宅で気軽にプロの味を楽しめるのが嬉しい。

甘いものが食べたい時はこちら。毎日の携行食にもしています。
賞味期限は約1年なので、長期保存にも適しています。

お茶も大事。羊羹のお供に。

チョコレート系の甘い飲み物はこちら。鉄分も摂取できます。

ゼリー飲料。常温保存もできるので、絶対に保存すべき。
食欲がないときにも役立ちます。

5) 片付いた部屋

防災道具とは異なります。
ですが、部屋を片付けたことで、防災道具を保管する場所と安心感を得られました。

安心感なので、100%の安全を保証するものではありません。
100%の安全なんて誰にも、何にも保証できないのです。
ゼロリスクは不可能です。

ただ、部屋を片付けたことで、モノに殺されるリスクは激減しました。
必要な防災道具を置けるようになりました。
自分一人なら3日は生き延びられるだけの、水と食料を常時保管できるようになりました。

不用品を手放して、防災道具を保管するのも、防災ですね。

以上、わたしが備えている防災道具一式でした。

羊羹を大量に備蓄したい道景写真家
夏澄

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター