不要品を手放せないあなたへ。モノの家賃を考えよう

不要とわかっているけれど、手放せないモノはありませんか?

「いつか使うもん」
「高かったから捨てたら損」

そんなあなたは、モノの家賃を考えてみてください。

あなたの自宅にある不要品を、トランクルームに保管することにしました。
料金は毎月5000円。
※所在地や部屋の広さにもよりますが、2000円~8000円が相場です。

不要品が自宅からなくなってスッキリ。
でも、その不要品の保管に、毎月5000円を支払っているのです。

年単位にすると、5000円/月x12ヶ月=60000円。
年間6万円、不要品に家賃を払っていることになるのです。

どうですか?
バカらしくなりませんか?
わたしならバカらしくなるし、自分に腹が立ちます。

「広い家に引っ越せば解決する」と思った方。
家賃と部屋の広さは比例します。
部屋が広くなればなるほど、家賃も高額になります。
それを払い続けられますか?

使わない不要な物を、わざわざお金かけて業者に運ばせますか?
新居に不要品も持っていくのですか?
また、「部屋が狭い」と不満を抱きますよ。

捨てられない→部屋が狭い→広い家に引っ越す→支出が増えるの悪循環です。

不要なモノは手放しましょう。
売ってお金にしても良いし、欲しがっている人にあげても良いでしょう。

ただし、人に譲るときは、押し付けはNG。
「欲しいなら持って行ってください。不要なら置いたままでかまいません」のスタンスでね。

明らかなゴミはゴミとして捨てましょう。
ゴミ箱の中身、すり減った靴、ボロボロの衣類など。
誰も欲しがらない、買取にも出せないモノは、捨てる一択なのです。

不要品を手放せば、その分の家賃を貯金に回せます。
モノが少ないので、狭い家でも快適に過ごせます。
狭い家(ワンルーム、1K、1DKなど)なら、家賃も安いです。

モノの家賃を考えれば、不要品の手放しも加速しますよ。

これからはワンルームで充分な道景写真家
夏澄

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター