この3ステップでやめられる!コンビニで買い物をしなくなる方法

みなさんは、1週間に何回コンビニで買い物しますか?
カフェオレなどの飲み物やお菓子を買うのをやめたいけれど、やめられずにいませんか?

大丈夫。
この方法なら、コンビニでの買い物を100%やめられます。

ここでいう買い物とは、カフェオレやお菓子などを買うこと。
公共料金の支払いやコピー機の利用は除外します。

1) コンビニで買ったものと支出金額を家計簿に記録

試しに1週間、コンビニで買ったものと、支出金額を家計簿に記録してください。
もし、クレジットカードの明細が手元にある人は、手元にある明細のコンビニでの支払額を全て記録してみてください。

いかがですか?
「えっ!こんなに買ってたの!?」という金額になっていませんか?

カフェオレやお菓子などの単価は安いです。
しかし、チリも積もれば山。
少額の買い物でも毎日購入すれば、数千円、数万円などの金額になります。

2) コンビニに行かないことを習慣にする

コンビニでの買い物をやめるなら、コンビニで買い物しないことを習慣にすれば良い。
「Momentum」などの習慣化アプリを、スマホに導入してみてください。
カレンダーや家計簿に書いても良いです。

コンビニで何も買わなければOK、1点でも何か買ったらNG。
コンビニで不要な買い物をしないことが当然となるまで(呼吸レベルでできるまで)、毎日記録してください。

「コンビニで買い物しない」が習慣になると、自然にコンビニでの買い物がゼロになりますよ。

3) 必要な支払いを済ませたら、さっさと店を出る

公共料金の支払いや、コピー機の利用、宅急便を出す際にコンビニを利用する人もいるでしょう。これらの支払いはどこでも同じ料金なので、コンビニで支払っても良いです。

必要な支払いを終えたら、すぐに店を出ましょう。
不用品を買わないことを習慣にできていれば良いのですが、そうでないうちは、店内をウロウロしてはいけません。
「新作スイーツ食べたい!」「甘いもの欲しい」など、簡単に誘惑に負けるためです。
店内をウロウロして良いのは、不要な買い物をしないことが呼吸レベルで出来るようになってからです。

わたしも2013年~2017年までは、週5日コンビニで買い物をしていました。
2018年からコンビニでの買い物を減らしました。
週5日が、週1日あるかないか程度になりました。
2020年現在は、コンビニの利用は、公共料金の支払いやコピー機の使用のみです。

毎日コンビニで買い物している人にとって、2)は辛いステップかもしれません。
ですが、コンビニに行かないことが習慣になれば、コンビニでの買い物は減ります。
公共料金の支払いなど、必要な目的のみの利用になります。

コンビニでの不要な買い物をやめられれば、半分は貯金に成功したも同然ですよ。

ツイッター