ロイズのお菓子を8年食べてわかったこと

人と一緒に食べるともっと美味しい、ということ。

わたしはロイズのお菓子が大好きだ。
北海道在住時代(2012年~2017年)はもちろん、内地に移ってからもロイズのお菓子を買っている。
年に2回の帰省の際は、必ずロイズのお店に足を運んでいる。

2019年からはオンラインストアでも購入し始めた。
5ヶ月連続で、毎月購入していたこともある。
2020年は2月〜6月に、オンラインストアで4回ほど購入。

ロイズのお菓子を食べ続けてわかったことがある。
ロイズのお菓子は美味しい。
人と一緒に食べると一層美味しい、ということ。

ロイズのお菓子が美味しいことは揺るぎない事実だ。
北海道に戻った時にも必ず買う。
実店舗で買って、さらに新千歳空港でも追加購入するくらい好きだ。
人への贈答(送別など職場への挨拶、お土産、お祝い)も、ロイズ一択。

でも、たくさんのお菓子を一人で食べても味気ない。

人と一緒に食べるのが好き。
人と分けて食べるのが好き。

例えば、ガトーブルトン。
人と分け合って食べるのが美味しいに決まっている。

こちらはクリスマス限定のバームクーヘン。
これだって人と一緒に食べるからさらに美味しいのだ。

本記事で紹介したお菓子はもちろん、他のお菓子も同様。

もう一つ、「こんなお菓子があるよ」と人に教えるのが好きだ。

ロイズのお菓子紹介が、ブログを書き続けるモチベーションでもあった。
ロイズの新作のお菓子やキャンペーンが発表されれば、教えたくなる。
それをきっかけにロイズを知って、読者がロイズを好きになったら嬉しい。

今後もロイズのお菓子を食べます。
でも、今までと同様に大量買いはしない。
食べたいものを少量ずついただく方法にシフトします。

あ、バーチョコレートは毎回必須ですね。
わたしのエネルギー源なのです。

分かち合いの精神をロイズから教わる道景写真家
夏澄

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター