航空券はJALかANAが総合的にお得な件

2020年3月13日。
航空券をキャンセルした。

3月19日のフライト。
成田発、中部国際空港行き。
目的は名古屋港水族館に行くことだったが、新型コロナウイルスによる影響で休館。
もはや名古屋に行く目的がなくなったので、航空券をキャンセル。

今回はJALの公式ウェブサイトで購入。
新型コロナウイルスによるキャンセルは、手数料無料でキャンセルできた。
当初は2020年3月12日の出発までだったが、2020年4月5日のフライトまで無料でキャンセル可能とのこと。
詳細はこちら:https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/dom/200228/index.html

今回思ったこと。
JALとANAは、有事の際の対応が親切。
航空券の価格はLCCやスカイマークより高めに設定されているが、キャンセル手数料が無料なのはこの2社。

スカイマークのウェブサイトも調べたが、航空券の種類(サービス)によって、キャンセル手数料が無料と有料とに別れていた。

中部国際空港と新千歳空港とを就航するエア・アジアは、新型コロナウイルス対策の対応をウェブページに掲載すらしていない。
購入者が問い合わせページにアクセスして、対応可否を確認する必要がある。
航空券代からキャンセル料を引かれ、戻ったのは400円前後。

キャンセルや予定変更の可能性があれば、JALかANAの利用がお得です。
キャンセル手数料も航空券の半額近い場合もあります。

航空券はJALかANAを公式サイトで買うのが確実だと学んだ道景写真家
夏澄

ツイッター