小規模だけど演出が丁寧な水族館3選

水族館レビュー第2弾。
今回は、小規模だけど演出が丁寧な水族館を3つ紹介します。
どれも1〜2時間で全て見られます。

あくまで私見なので、これが絶対の答えではありません。
行ってよかった場所の順に発表します。

※入場料金、営業時間は2020/2/15に調査した情報です。
※入場料金は水族館のみの入場料金を記載しています。

4) すみだ水族館(東京都墨田区)

東京スカイツリーの麓にある水族館。
小規模ですが、生き物の見せ方が丁寧です。

ミズクラゲの展示。

金魚の展示。

ペンギンとアシカがいますが、ショーは一切ありません。

個人的に、大水槽が好きです。
飾りすぎない、詰め込みすぎない、引き算の見せ方が上手な水族館です。

information

・入場料金:大人¥2050、高校生¥1500、小・中学生¥1000、幼児¥600
・営業時間:9:00-21:00
・休館日:なし

5) アクアマリンふくしま(福島県いわき市)

イルカやペンギン、アシカやアザラシは一頭もいません。
動物のショーもありません。

サンゴ礁の海と、ふくしまの海が綺麗です。
特に、ふくしまの海(メインの水槽)は、太陽光を採光しているので一層美しい。

メインの水槽で泳ぐ魚。

水槽を見上げると空が見えます。
水と空を一緒に見られるのも綺麗。

information

・入場料金:大人・高校生¥1850、小・中学生¥900、未就学児¥0
・営業時間:3/21-11/30:9:00-17:30、12/1-3/20:9:00-17:00
・休館日:なし

6) 新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)

映画『海獣の子供』に登場する、江ノ倉水族館のモデルになった水族館です。
メインは大水槽。

大水槽を遊泳するエイ。

イワシのトルネードも見られます。

2019年11月に行ったとき、クラゲの展示にイルミネーション様の演出がありました。
過剰演出は不要と考えていますが、クラゲの儚さと美しさを引き出す演出でした。

クラゲの展示全体像。2019年11月撮影。

クラゲ。

水族館の目の前が海です。

イルカショーのプール。
この日は雨でしたが、晴れていれば青空と一緒にイルカを撮影できます。


青空なら一層美しい。

information(2020/4/1より入場料金が変わります)

・入場料金(2020/4/1〜):大人¥2500、高校生¥1700、小・中学生¥1200、幼児:¥800
・営業時間:12月〜2月:10:00-17:00、3月〜11月:9:00〜17:00、5月GW:8:00〜17:00
・休館日:なし

水と光が好きな道景写真家
夏澄

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター