あゝ君変わりたもうことなかれ

マルセイバターサンドが変わってしまった。
ビスケットがサクサクしている。
前はしっとりしていたのに。
これではマルセイバターサンドの皮をかぶった別のお菓子だ。

マルセイバターサンドにサクサク食感はいらんの。
しっとりしたビスケットがよかった。
30年以上、あの食感に親しんでいたのに。

2019年の夏に食べたときはしっとりしていた。
5か月の間に何があった。

2019年8月に、柳月のアンばたさんを食べた。
マルセイの圧勝だった。
もちろん、帰りの空港でマルセイバターサンドを買ったよ。

アンばたさんという脅威が現れて若返りを図ろうとしたのかい?
食感の若返りなんかしなくても、君は充分美味しいのに。

サクサクなんかしなくていいの。
しっとりした食感が良かったの。
君は5か月の間に変わってしまった。

以前の君に戻るのかな。
今の君のままなら他のお菓子を選ぶ。

君を否定したいのではない。
君が変わってしまったことを嘆いている。

なんだろう。
なんだか寂しい。
知らない間に君が変わってしまったことが寂しく、悲しい。

マルセイバターサンドよ。
再び君がしっとりしたビスケットになったら、わたしは食べるぞ。
以前の君に戻る日を楽しみにしているぞ。

年始から失恋気分の道景写真家
夏澄

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター