2019年に捨てた物19種類と処分方法まとめ

2019年は不用品をたくさん処分しました。
処分したものと、処分方法を紹介します。

1) 本・CD・ゲーム機(ニンテンドー3DS)

リコマースとブックオフに売りました。
現在の家と実家にあった約200冊の本が、合計10冊になりました。

リコマースに約80冊売って16500円。
ブックオフに約130冊売って4850円。

現在はKindleをスマホにインストールしています。
もはや、紙の本は買っていません。

CDとゲーム機はブックオフに売りました。
CDの買取額は300円。
ゲーム機の買取額は2000円。
箱があれば高値がつくとのこと。
ゲーム機は手放す前の初期化と個人情報削除をお忘れなく。

2) 食器

リサイクル業者に出しました。
新品の食器4点は、リコマースに売って20円でした。

3) 衣類

ユニクロ&GUで買った服はユニクロリサイクルに出しました。
無印良品で買った服は、無印良品のリサイクルに。
それ以外の衣類はリサイクル業者に出しました。
リサイクルにも出せないくらいボロボロの服は、ウェスとして掃除に使用しています。

4) 靴

ゴミに出しました。
かかとが磨り減った靴は持っていても使い道がありません。
捨てる前に写真を撮って処分しました。
※ゴミ処理はお住いの自治体の区分に従ってください。

5) 古いメガネ

メガネ屋のリサイクルに出しました。
JINS、Zoff、メガネ市場では、古いメガネのリサイクルに取り組んでいます。
そこのお店で買ったものでなくてもOK。
古いメガネ2つをZoffのリサイクルに出しました。
メガネケースはゴミとして処分しました。

6) 観光パンフレット・広告・フリーペーパー

古紙回収に出しました。
思い入れのある場所のパンフレットのみ残しました。
100冊以上あったパンフレットですが、残ったのは10冊程度です。

7) 利用していない銀行口座の通帳

銀行口座は解約しました。
口座開設時の印鑑が手元にない場合、印鑑紛失手続きをして、口座解約できます。

通帳は燃やしました。
キャッシュカードはハサミを入れて処分しました。

8) 利用していないお店のポイントカード・期限切れ年パス

ハサミを入れて処分しました。
有効期限が切れたポイントカード、年間パスポートも同様です。
残したいカード(年間パスポート)は、yPadに貼りました。

9) 昔使っていた手帳

2014年、2015年の手帳は古紙回収に出しました。
2016年、2017年に利用していたほぼ日手帳は、必要なページをyPadに移植して捨てました。
ここでいう必要なページとは、旅先の入場券が貼ってあるページ。
チケットの部分だけを切り取って、yPadに貼りました。
白紙のページはメモ代わりに使用しています。

10) いただいた年賀状

郵便番号、住所、宛名を消して、A4コピー用紙に包んで捨てました。

11) 不要な写真

印刷面同士を重ねて、塩をスプーンでひと掬いし、A4コピー用紙に包んで捨てました。
ハサミを入れたり、手でちぎって捨てても良いです。
ただし、シュレッダーを使うと紙詰まりする場合があります。
写真用光沢用紙が裁断されにくいためです。

12) 不要な置物(マスコット、キーホルダーなど)

ソフトバンクの白い犬のキーホルダーや、何かのキャンペーンでもらったマスコット類を全て捨てました。
家族で旅行に行った際に買ったものは残しました。

13) 不要な書類

シュレッダーにかけて処分しました。
最新年度の書類だけあれば充分です。

14) 壊れた外付けHDD

家電量販店で物理破壊を依頼しました。
破壊後のHDDはゴミに出しました。
※ゴミの区分はお住いの地域の区分に従ってください。

15) 使用していない印鑑

印字面をカッターナイフで削って処分しました。
シャチハタの場合、中のインクが飛び散るので、不要な紙を引いてから作業してください。

16) 不要な撮影機材

背景布とスタンドをリコマースに出しました。
買取額は約5000円。
使用してないライトはカメラのキタムラに売りました。

17) お守り

北海道神宮に持って行きました。
どこで買ったのかわからない、返納が難しかったためです。
どんど祭でお焚き上げします。
長谷寺(神奈川県鎌倉市)の身代わり鈴は、長谷寺に返納しました。

お守りは、買った場所に返納するのがマナーです。
それが難しい場合はどんど祭に出すか、最寄りの神社かお寺に返納します。
ただし、神社で買ったお守りは神社に、お寺で買ったお守りはお寺に返納するのがマナー。
ごっちゃにするのはアウト。

くれぐれも、ゴミ箱にポイ捨てしないでね。

18) 利用していないIC乗車券

SAPICAを処分しました。
札幌市営地下鉄の駅なら、どこでも返却OK。
テポジットの500円が戻ります。
SAPICAに限らず、使っていないIC乗車券があれば、返却してお金にしましょう。

19) 水切りかご

洗った後の食器を置くかごです。
こまめに手入れはしていたものの、頻繁に水カビが発生するので処分。

代わりに食器マットを購入。
価格は400円前後。
マットの上に食器を置いて乾燥させています。
台所が広くなりました。

以上が2019年に処分したものです。
それぞれは小さなものですが、大量にあると場所を取るだけ。

不要とわかっているのなら、早く処分しましょう。
大掃除も小掃除程度で終わります。
何より、スッキリした気持ちで新年を迎えられますよ。

もっと部屋をスッキリさせたい道景写真家
夏澄

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター