旅行であると便利な物6つ

2019/11/22~11/24で、鎌倉と江ノ島に行きました。
旅の際にあればよかったものをまとめました。

1) タオル

カメラ用1枚、予備1枚。
普段使っているタオルで充分。
今回は雨の予報だったのに持っていかず、カメラが濡れました。
傘をさして極力機材を濡らさないようにしたのですが、タオルがある方が安心でした。

2) 携行食

お腹は空いているけど、レストランで食べるほどじゃないとき。
軽く何か食べたいとき。
お店はあるけど食べたいものが並んでいないとき。
これらの状況で威力を発揮します。

日頃から、羊羹をローリングストックしています。
1つでお腹いっぱいになるので、カバンに忍ばせておけばよかった。

あとは、お茶のティーパック。
ホテルの個室には電気ポットがあるので、お湯を沸かしてお茶を淹れることもできます。

今回は藤沢駅周辺のホテルだったので、お店の心配はありませんでした。
しかし、普段食べているものをわざわざ旅先で買うなら、旅先でしか食べられないものや見られるものにお金を使いたいですね。

3) 小銭

駅のロッカーは小銭のみ対応。
しかも、100円玉だけ。

今回は、チェックイン前に宿泊先にトランクを預けることができました。
問い合わせたところOKが出たのです。

いつ何時も使える技ではないので、小銭は必須です。
お寺や神社を巡るなら、お賽銭としてもあると便利。

4) チケットを保管するファイル

今回はお財布に入れて保管し、帰宅後、手帳(yPad)に貼って整理しました。
チケットが折れ曲がるのを避けるなら、チケット保管用ケースを1つ持っていくと便利。
折り曲げずに保管できます。
小型のクリアファイルでも代用できますよ。

5) 着替えを入れるビニール袋

ホテルにランドリーバック(袋)がある場合とない場合があります。
一度着た服や汚れた服と綺麗な服とを分けたいなら、あると便利。
スーパーのビニール袋でOK。

6) 延長コード

必ず持参します。
ホテルはコンセントが少ない&テーブル周辺にしかありません。
延長コードを持参して、コンセントをたくさん利用できる環境を作っています。

次回の旅はこれを参考に荷造りする道景写真家
夏澄

ツイッター