台風19号で備えておいてよかったもの6つ

2019年10月12日に、地球最大級の台風が日本列島を襲いました。
被害はありませんでしたが、自宅に備蓄しておいてよかったものを紹介します。

1) 飲料水

2019年7月上旬に、ホームセンターで箱買いしました。
北海道ゆきのみずです。
1本あたり550mL。
24本入りで13.2Lです。
台風の時には21本でしたが、約10Lの水があるとわかっているだけで精神的に安心しました。
10Lあれば、3日は生きられるので。

2) 食べ物

以下のものを買って備えました。

・ご飯(白米。味付きご飯は自作)
・ゼリー飲料(ウィダーインゼリー、カロリーメイトゼリー)
・カップヌードル
・インスタント味噌汁(小包装)
・ふりかけ(ご飯のお供)
・野菜スープ
・冷凍食品(うどん、今川焼き、味の素シューマイ、餃子)
・甘いもの(羊羹、ベイクドチョコバー)

今回はインフラの被害はゼロでした。
10/12は朝・夜とも、普段通りの食事をしました。

でも、冷凍食品は調理ができないと食べられません。
電気とガスが止まったら食べられないので、無意味です。
フライパンなどの洗い物も増えます。

備えるなら、缶詰やレトルト食品などの、室温保存可能な食品が適しています。
それか、生で食べられるもの(ちくわ、魚肉ソーセージなど)。

食の好みが分かれば、何を買えばいいかもすぐわかりますよ。
ちなみに私は小豆のお菓子と判明しました。

3) 生活用水

・浴槽いっぱいに水を貯めた
・ウォーターバッグ(7L/枚、3枚)に水を貯めた

3日分の生活用水を確保しました。
使わずに済んだので、台風が去った後の掃除に使いました。

4) カセットコンロ

カセットコンロがあれば、ガスが止まっても、温かいものを食べられます。
燃料も3本備えました。
今回は出番なしでしたが、あるだけで精神的に安心です。

5) トイレットペーパー・キッチンペーパー・ティッシュペーパー

台風対策ではなく、普段使っているものがなくなりそうだったので購入。
あるとわかっているだけで安心。
部屋を清潔に保ちたいなら必須です。

6) お手ふきタオル・体拭きタオル

今回、出番はありませんでした。
手を洗えないことがストレスになるので、あると安心です。

体を拭くシート(介護用)もあります。
お風呂に入れない場合に重宝します。

あればよかったもの

1) モバイルバッテリー

未開封のものが一つあります。
4年前に、コンビニのくじで当てたもの。
今回も出番なしでしたが、必要と思い、台風の翌日アマゾンで注文しました。

2) 備蓄電源

パワーアンカーといわれるもの。
2万円以上するので、一瞬購入をためらいますが、必要と判断しました。

3) 車の中でスマホを充電する道具

幸い、車で避難せずにすみましたが、もし避難を余儀無くされたらどうでしょうか。
車中泊せざるをえなかったら。
車で充電できれば、情報収集や連絡もできるので安心です。

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター