家族の好物、答えられますか?

お題:家族の好物と苦手な物をそれぞれ3つずつ挙げる

・好きな理由、嫌いな理由も答えてください。一言で構いません。
・アレルギーなども理由に含めてください。
例1:うずらの卵が嫌い。理由:苦い。
例2:蕎麦およびそば粉を使った料理。蕎麦アレルギーのため食べられない。

・家族でなくても、恋人や友人、仲良くなりたい人でもOK。

よーい、スタート!

解説

答えられましたか?

答えられた人は素晴らしいです。

答えられなかった人。
まさかとは思うけど、「子供は◯が好きだから~」「女性は△が好きだから~」「男性は□が好きだから~」なんて適当に答えてないよね。
それって、相手のことを全然見ていないからね。

見るっていうのは、ぼさっと見ていることじゃないよ。
相手の好きなもの、嫌いなものを知るんだよ。
理由も含めてね。

「大抵の子供はカレーやハンバーグが好きだから・・・」
よその子見てんじゃねーよ。
あんたの子を見ろ!

「女性は大抵スイーツが好きだから・・・」
よその女性を参考にするんじゃねーよ。
奥さんを見ろ!

「一般的に、男性は甘いもの苦手って聞くから・・・」
一般的な男性って誰やねん。
夫を見ろ!

重松清さんの短編集『小さき者へ』の中に、『海まで』という物語がある。
主人公(男性)が、妻と息子2人(カズキ(11歳)、ミツル(5or6歳))と共に、実家の母を尋ねる話。
その日の夕食は、エビフライ、鶏の唐揚げ、ナスの味噌汁であった。

ミツルは喜んで食べるが、カズキは手をつけない。

妻「今日の夕食、カズキが嫌いなものばかり」

主人公「子供はみんな、エビフライや鶏の唐揚げが好きだろう。」

妻「知らないのね。カズキのこと。
エビの尻尾で口の中を切って以来エビフライを食べられない。
鶏の唐揚げは、鶏肉を見てから気味悪がって鶏肉を食べられない。
ナスの味噌汁は紫色っぽい味がするから食べない」

これ読んで真っ先に思ったこと。
この主人公、相当バカ。
自分の子供の好物と苦手なものもわかってない、大バカ。

あのさあ。
大抵の子供って誰?
自分の子供を見ろよ。
自分の子供が何が好きなのか、何を食べられないのか、その理由は何か、知らなきゃダメでしょ。

「大抵の人は◯が好きっていうから・・・」
「みんな△がいいっていうから・・・」
家族よりも、誰かわからない人の好みを信じるんだな。

バカか。
自分の家族の好きなものを知れ。
当然、理由も併せて。
嫌いなものについても同様。

なぜか。
的外れなものを渡すというトンチンカンなことを避けられるから。
「せっかくあげたのに」なんてキレたら、相手との関係はそこで終了です。

自分にとって大事な人の好きなもの、嫌いなものくらい知るべき。
相手を見ていれば自ずとわかります。
わからなければ聞けばいい。
相手を知ることが、人間関係構築の第一歩です。

冒頭のお題は即答できた道景写真家
夏澄

ツイッター