ヒグマ射殺を批判する人へ。ヒグマの怖さを道民が教えてやんよ

先日、札幌市南区にヒグマが出没し、射殺された。
ヒグマ射殺に対して、約300件の批判があった。

「麻酔銃で眠らせて、山に返せないのか?」
「射殺なんてかわいそう」
という声が多かった。

ヒグマがどれほど恐ろしいか、わかってないね。
道民が怖さを教えてやんよ。

「麻酔銃を使えばいい」と意見した人。
麻酔銃で眠らせて山に返しても、再び街中に出現する。
一度、人間の食べ物の味を覚えたら、何度でも人里に現れる。

山に搬送する途中に目覚めたらどうする?
ヒトの息の根を止めるなんて、ヒグマには朝飯前。

大正4年(1915年)に起きた三毛別羆(さんけべつヒグマ)事件。
クマの害獣として日本史上最悪の被害を出した。
開拓民7人が死亡、3人が重傷を負った。

「昔の話でしょ」と思う?
戦後も、民家にヒグマが入って家を荒らしたりした事件もある。
たとえ死傷者がいなくても、クマに襲われたら、ひとたまりもない。

ヒグマ出没だけで、小中学校が休校になる。
今回は夏休みだったけど、長期休み以外の時期ならば、問答無用で臨時休校。

学校だけじゃない。
世界遺産や国営公園も同様。

先日知床五湖に行った。
数日前にヒグマが出現したため、見られるエリアは高架木道を経由する一湖のみ。
森林を経由する二胡、三湖、四湖、五湖は立ち入り禁止。

2013年には札幌市の国営公園・滝野すずらん丘陵公園でも、約4週間閉園した。
ヒグマがいないこと、安全を確認できるまでは、たとえ見頃でも立ち入り禁止になる。

「ヒグマを殺すなんて残酷」という意見もあるが、住民に危害を加えないとは限らない。
ゆえに、射殺せざるを得ない。

もし、ヒグマを見ても、絶対に餌をあげたり近づかないでください。
安易な餌付けが、ヒグマを市街地におびき寄せるのです。

ツイッター