3ヶ月で処分した物と処分方法を全部まとめたよ

6月下旬~8月に、自宅と実家の不要な物を処分しました。
処分したものと処分方法をまとめて紹介。

1) 本

宅配買取サービス「リコマース」、ブックオフ、専門書アカデミーに出しました。
約200冊の本の買取総額は、¥19000(リコマース、ブックオフ合計)。
専門書のみ、専門書アカデミーに出しました。
(エッセンシャル細胞生物学、細胞の分子生物学など、生物学系の専門書)

即日現金にしたいならブックオフが便利です。
リコマースは本人確認が面倒ですが、自宅に集荷に来るので、重いものを運ばなくて良いメリットがあります。
リコマースはamazonギフト券で支払われます。

専門書アカデミーは、現金の口座振り込みやamazonギフト券など、複数の買取額支払い方法を選べます。

2) 衣類

ユニクロ・GUの衣類:ユニクロのリサイクル
無印良品の衣類:無印良品のリサイクル
それ以外:リサイクル業者

リサイクル業者は有料です。
今回はセカンドライフを利用し、160サイズの段ボールに詰めました。
価格は¥2480。
一緒に、毛布と、不要な食器も詰めました(後述)。

3) 食器

リサイクル業者に出しました。
未開封の食器はリコマースに出しました。
リコマースは新品の食器に限り、買取OKです。
4点出して20円でした。

4) 観光案内・パンフレット・フリーペーパー・カタログ

古紙回収に出しました。
家族と一緒に行った場所など、思い出がある場所のパンフレットは残しました。

5) 不要な写真

アルバムから全て抜き取りました。
印刷面を合わせて重ね、塩をひとつまみ乗せ、白い紙に包んで捨てました。
白い紙はA4コピー用紙です。

写真にハサミを入れたり、千切って捨てることに抵抗がある人はこの方法が良いかも。
もちろん、ハサミを入れて捨ててもなんら問題ないです。

6) 不要なお土産&小物

ソフトバンクの白い犬のキーホルダーや、何かのキャンペーンで無料配布されていた物は処分しました。
家族で出かけた場所で買った物は残しました。

7) 古いメガネ

メガネ屋Zoffのリサイクルに出しました。
買ったお店を問わず、メガネをリサイクルしているメガネ屋があります。
眼鏡市場、JINS、Zoffでこの取り組みを行っています。

8) もう利用していない銀行の通帳

燃やします。
口座解約後、キャッシュカードにハサミを入れて捨てることをお忘れなく。

もし、利用していない銀行の口座があれば、早めに解約しましょう。
必要ならまた口座を作れば良いのですから。

口座開設時の印鑑が手元にない場合、印鑑紛失届の手続き後、解約となります。
今回はこの方法で2箇所の銀行口座を解約しました。

9) いただいた年賀状

郵便番号、住所、宛名をスタンプして、紙に包んで処分しました。

10) お守り

神社かお寺でお焚き上げします。
お焚き上げは有料。
お守りを買った神社に返すのが難しい場合、近所の神社やお寺でもOKです。

くれぐれもゴミ箱にポイしないでね。
それはバチ当たりだよ。

お守りを買った場所がわからない場合、1月に開催されるどんど焼き(どんど祭)に出すのも良いでしょう。

北海道神宮(北海道札幌市)では、不要なお守りを回収する場所があります。
推測ですが、どんど焼きの時に、まとめてお焚き上げするのかと。
札幌市やその近郊にお住いの方は、北海道神宮に持って行ってみてはいかがでしょうか。

11) 印鑑

文字の部分(ゴム部分)をカッターで刻んで捨てました。
大量のインクが飛び散るので、作業時に新聞紙などの不要な紙を敷いてください。

12) 外付けHDD

ビッグカメラの外付けHDD破壊サービスを利用。
データ記録媒体に穴をあけ、物理的に破壊します。
価格は¥1520/件。

記録媒体はガラスゴミに、周りのプラスチックはプラスチックゴミに出しました。
ゴミの始末は自分で行ってください。
お店はゴミの回収はしていません。

13) 見栄張り袋

お菓子の袋や包装紙です。
残したい箱は、残したい部分を手帳に貼りました。

袋はゴミ箱に張っています。
袋は袋以上でも以下でもないので。
紙袋は使い道がないものは処分しました。

14) 割り箸・ストロー・ピック

割り箸は防災用品の中に入れました。
ストローとピックは捨てました。
ピックは爪楊枝でも代用可能です。

15) 期限切れのポイントカード・利用していない店の会員証

ハサミを入れて捨てました。
1年以上利用していなければ、今後も利用しません。
必要ならまた会員登録すればよいのです。

16) 契約終了したサービスの書類(自動車保険など)

シュレッダーにかけました。
もう利用していない、違う会社のサービスを利用しているのならば、前の書類を持っていても無意味。

17) 利用していないIC乗車券

今回はSAPICAを処分しました。
札幌市営地下鉄の駅なら、どこでも返却OK。
テポジットの500円が戻ります。
SAPICAに限らず、使っていないIC乗車券があれば、返却してテポジットのお金にしましょう。

何から手放せば良いかわからない人は、明らかなゴミや100%不要とわかっているモノから捨てると良いです。
いきなり思い出の物を処分すると挫折します。

一度で100%片付けなくても良いです。
100%いらないとわかっているものから処分しましょう。
それができると、片付けが2日で終わります。

スッキリ生きていきたい道景写真家
夏澄

ツイッター