yPadがズボラちゃんに最適な手帳である2つの理由

2018年からyPadを愛用しています。
それまではほぼ日手帳を使っていましたが、現在の仕事に合わないため、yPadに変えました。
メリットは以下。

1) スケジュールとタスク管理を同じページでできる

スケジュールとタスクの進捗管理が、見開き1ページでできるのが嬉しい。
進捗や空き時間も同時にわかるので、仕事のスケジュール管理もほぼ日手帳の時よりラクになりました。
yPadの考案者、寄藤文平さんは、以下のように述べています。

一般的なスケジュール手帳は、違うリズムの仕事を同じ日付の中に記録するようにできています。

それはいわば、ロックとクラシックが、一つのスピーカーで鳴っているような物です。
それぞれの仕事のリズムがわからなくなると、流れが細切れになり、ただただ、その日その時の、目の前のイベントに追われて、自分のリズムまで、わからなくなってしまう。

『yPad』は、仕事ごとのリズムをそれぞれに把握するために考案しました。
パッと開いてパーッと見渡せる。
毎日のスケジュールとタスクを同時に見渡しながら整理できる。
たったそれだけのことで、細切れになりがちな時間につながりが生まれ、頭が整理されます。
仕事のリズムが見えることで、自分のリズムもまた生まれるのです。

(yPad8,yPad9の帯より引用)

2) チケットを貼ったり絵を描けるページがある

行った場所の入場券や、かわいくて捨て難いお菓子の箱を貼っています。
また、行った場所や撮影場所の情報、スケジュールを、自分で書いてもいます。


筑波山スターダスト・クルージングの記録。
ロープウェイチケットと、撮影場所から見える場所と方角を記録。

ロイズ・ブルターニュフェアのお菓子。
かわいくて捨てられなかったので、絵の部分を切って貼りました。

こちらもブルターニュフェアのお菓子の箱。

価格は¥1760(税込)。
ほぼ日手帳やブランド物の手帳の、半額以下の価格です。
日付は書かれていないので、好きな日付から使い始められます。
スケジュール管理がうまくいかず悩んでいる人は、ぜひ使ってみてください。

2021年もyPadと決めている道景写真家
夏澄

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター