大掃除したのでやったこと全部書く

2019/6/29〜6/30で、自宅を大掃除しました。
45Lゴミ袋3袋分の物を処分しました。
やったことを全部書きます。

1) 全ての段ボールを処分

床やクローゼットを傷つけないために段ボールを敷いていましたが、全て処分しました。
代わりに、ニトリのパズルマットを敷き詰めました。
クロゼットでサイズが合わない場合は、その下に防虫シートを敷きました。
防虫シート+パズルマットの上に引き出しやトランクを置いています。

キッチンの食器棚がある区画にも、パズルマットを敷きました。
快適です。
クイックルワイパーや掃除機での掃除もラクです。
キッチンマットは不要になったので、処分しました。

2) 不用品の処分(衣類・本)

不要な衣類、本を処分しました。
それぞれの処分方法を述べます。

ユニクロ・GUの服:ユニクロのリサイクルに出した

ユニクロおよびGUで購入した衣類は、それらのお店でリサイクルしています。
手放したい服を袋に詰めて、お店にあるリサイクルボックスに入れるだけ。
店員さんへの声がけは不要です。
ただし、下着や古くなったヒートテック、状態がひどい衣類は回収NGです。
ユニクロかGUで購入した服ならば、どちらでリサイクルに出してもOK。
リサイクルボックスはユニクロ・GUの両方にあります。

②無印良品の服:無印良品のリサイクルに出した

無印良品も衣類のリサイクルを行っています。
店員さんに声をかけて、服を預けましょう。
こちらも下着類や状態がひどい衣類は回収NGです。

③古くなった衣類(フリース、Tシャツ、ヒートテックなど)

ウェスとして利用しています。
靴磨きやガスコンロの掃除など、ちょっとした掃除をするときに利用しています。
使用時に、使いたいサイズに切ると無駄がないです。

④本

リコマースに出しました。
リコマースは、アマゾンと提携している買い取りサービス。
買い取られた商品の代金はアマゾンギフトカードで支払われます。
段ボールに詰めて、指定日に配送業者(佐川急便)が引き取りに来ます。
ブックオフより確実に買取額が高いので、今年1月に利用して以来、リコマースを利用しています。
[合わせて読みたい]リコマースの紹介と利用手順

以上、大掃除でやったことでした。

もっと物を減らしたい道景写真家
夏澄

ツイッター