スマホカメラでひたち海浜公園のネモフィラを綺麗に撮るコツ2つ

ひたち海浜公園のネモフィラが満開ですね。
スマホカメラで撮影する人を多く見ます。
もちろん一眼レフカメラユーザーもいますが、圧倒的にスマホカメラが多い。

わたし個人の意見ですが、ネモフィラ撮影はスマホカメラで充分です。
理由は以下。

※iPhone6s plusに基づいて解説しています。

1) 広さを表現できる

スマホカメラのメリットはこれ。
何十万する広角レンズがスマホに搭載されているようなものだから、空間の広がりを撮影するのは朝飯前。

縦構図にしてもいい。

通路でスマホを構えるだけで綺麗に撮れますよ。
注意点は、ズームを使わないこと。
ズームを使うとガビガビの画像になるからね。

花壇に侵入して撮影するなどバカな真似はやめてね。

2) 見たままの色で残せる

これもスマホのメリットです。
フィルターはオリジナルで充分。
ビビットモードにすると色が強くなり、きつい印象の写真になります。

ビビットクール(vivid_cool)に設定して撮影。
くどい印象を受けませんか?
実際のネモフィラはここまで青くないです。

いかがですか。
スマホカメラ1台で、絶景を簡単に撮影できますよ。
マナーを守って楽しく撮影してくださいね。

スマホカメラだけで撮影したらどうなるか試してみたい道景写真家
夏澄

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター