ゴールデンウィークにひたち海浜公園を快適に過ごすために知っておくと良いこと5つ

もうすぐ大型連休ですね。
ネモフィラの見頃がピークを迎えるこの時期、ひたち海浜公園で快適に過ごすために知っておくと良いことをまとめました。

1) 7:30に入園しよう。9時過ぎると駐車場が渋滞する

ひたち海浜公園は、毎年大型連休は早朝開園する。
駐車場は南駐車場(遊園地入り口)。

2018年は早朝開園で入園した。
AM7:00に到着。
駐車場にも余裕があった。

ところが連休中の別の日。
13:30頃に公園に行くと、駐車場に入るのに約30分かかった。
退園して帰宅する際も、駐車場から大通りに出るのに1時間の渋滞。

というわけで、入園は朝イチがオススメ。
渋滞せずに車を止められます。

2) 日中、待たずに入園するならバスが便利

茨城県外から公園に来る人は、公共交通を利用するかと思います。
JR勝田駅からはバスが出ています。
バスの降車場所と一般駐車場は別の場所。
ゆえに、バスを利用すれば駐車場の渋滞には巻き込まれないのです。

ちなみに、JR勝田駅からひたち海浜公園までは約30分。
余裕を持ったスケジュールを組んでね。

3) 現金(小銭)をたくさん持参しよう

公園内の店舗は全て現金支払いです。
入場券(公園、遊園地)、飲食店(カフェ、ケイタリングワゴン)は、現金支払いのみ対応。
クレジットカードやIC乗車券(Suica、Pasmoなど)は一切使えないのでご注意。

そうそう。
ケイタリングワゴンは茨城県のご当地グルメが勢ぞろいです。
唐揚げ、しらす丼、五浦ハム、ラーメンのお店が1箇所に集結。
茨城のカフェ・サザコーヒーも出店するよ。
クレープやアイスクリームなど甘いものもあるのでご安心を。

4) レジャーシートを持参すると自分だけのスペースを作れる

公園内でもレジャーシートを貸し出していますが、数に限りがあります。
レジャーシートを持参すると、芝生ならどこでもくつろげます。
流石にネモフィラの丘ではレジャーシートの出番はありませんが、草原でなら大活躍。
ネモフィラを見た後は草原で日向ぼっこしてもいいかもね。

5) ウエットティッシュがあると安心して飲食できるよ

ケイタリングワゴンのお店は、お箸で食べるものや手を汚さずに食べられるものが大半です。
でも、食べる前には手を綺麗にしたいですよね。
ウエットティッシュがあればすぐに手を綺麗にできます。
手を洗う場所はありますが、ハイシーズンなので、並ぶことを覚悟してね。

以上、ゴールデンウィークのひたち海浜公園を快適に過ごすためのお得情報でした。
それでは良い連休を。

連休の海浜公園に圧倒された道景写真家
夏澄

ツイッター