内地から北海道に行く人が知っておくべきこと5つ

2019年の大型連休は10連休ですね。
内地から北海道への旅行を計画している人が知っておくべきことをまとめました。

1) 新千歳空港に行く電車は新千歳空港行きのみ

新千歳空港に行く電車は、「快速エアポート新千歳空港行」だけです。
行き先が千歳、南千歳、苫小牧の電車は、新千歳空港に止まりません。
そこんとこよろしく。

2) 新千歳空港以外の空港もある

道内には新千歳空港以外の空港もあります。以下に列挙します。

・札幌丘珠空港
・函館空港
・奥尻空港
・旭川空港
・稚内空港
・利尻空港
・女満別空港
・とかち帯広空港
・根室中標津空港
・たんちょう釧路空港
・オホーツク紋別空港
・礼文空港(2021年まで休止中)

例えば、函館を観光するなら函館空港を利用する方が移動時間と料金を節約できます。
旭川、富良野、美瑛を観光するなら、旭川空港が便利。

札幌、小樽の観光は新千歳空港が便利です。
直通の電車もあるよ。

行き先の最寄りの空港を調べてから航空券を購入してもいいかもね。

3) 5月の札幌は長袖が必要

理由はリラ冷え。
朝と夜は冷えます。
ユニクロのヒートテックなど、薄手の長袖を持って行くと便利です。

4) お土産はどこにでもある

「早く買わなきゃ売り切れちゃう!」と焦る気持ちはわかりますが、北海道土産はどこでも買えます。
ロイズや白い恋人など、定番のお菓子は駅や空港で買えるのです。
「限定○個」という制限もありません。

連休なら、帰る日の2~3日前に購入すればOK。
当日はどこも混雑することが予想されるので、当日の購入はオススメしません。

5) 予定を詰め込みすぎない

北海道はでっかいどう。
移動距離をなめんなよ。

10連休といえど、札幌、函館、旭川の三箇所を観光するのは相当難しいです。
札幌~旭川は130km(約2時間)、札幌~函館は300km(約4~6時間)あります。
この距離を移動できますか?

公共交通を利用するのが便利ですが、電車料金は高いです。
かといって車で移動すると、渋滞に巻き込まれることも。

函館なら函館&大沼公園、札幌なら札幌&小樽、旭川なら旭川&富良野&美瑛など、拠点となる場所と近隣の町の観光プランにするとゆとりを持って行動できますよ。

以上、北海道観光で知っておくべき情報でした。

連休の予定は未定な道景写真家
夏澄

ツイッター