札幌のイルミネーションはスマホカメラで充分綺麗に撮れます

先日、白い恋人パークに行った。
目的はスープカレーとパフェを食べることと、イルミネーション撮影。
一眼レフカメラでの撮影の合間に、iPhone6s plusでも撮影した。

撮影した写真を見て思ったこと。
もうiPhoneのカメラで充分じゃないか。

一眼レフカメラで撮影(Canon 7D mark2)。

iPhone 6s plusで撮影。

札幌市内のイルミネーション(白い恋人パーク、さっぽろホワイトイルミネーションなど)なら、iPhoneのカメラで充分。
一眼レフカメラと遜色ない写真を撮れる。

軽いし、見たものを見たままの色で写せる。
これは一眼レフカメラにはないメリットだ。

青も見たままの色で撮れます(iPhone 6s plusで撮影)。

鮮やかもそのまま写せます(iPhone 6s plusで撮影)。

動画撮影もらくらく。
動画撮影しながら写真撮影もできる。
iPhoneで動画撮影しながら写真を撮る方法:https://doukei-photo.com/archives/25186

暗所撮影に弱いのは、iPhone6s plusでは克服されていません。
ですが、白い恋人パーク、大通公園、赤れんが広場、札幌駅前、すべて明るいのでノイズを気にせず撮影できます。
フラッシュ不要です。

これから開催される札幌のイベントに、さっぽろ雪まつりがあります。
雪まつりの撮影もスマホカメラで充分ですよ。
雪像ライトアップと町の灯りがあるので、綺麗な写真を撮れます。
プロジェクションマッピングを撮るなら、動画も撮れる方が有利ですね。

札幌のイルミネーションやイベントを、スマホで気軽に撮影して楽しんでね。

iPhoneカメラでの撮影も研究している道景写真家
夏澄

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター