2018年にハマったアーティストを3組紹介するよ

1) SMAP

不動の1位です。
20年以上スマオタをやっているのです。

2018年1月に、『SMAP 017 SAMPLE BANG!(2005年)』と『SMAP 018 Pop Up!SMAP!(2006年)』を聴きました。
『Pop Up!SMAP!』はドライブのとき聴いています。
それしか聴かない時期が半年近くありました。

『世界に一つだけの花(2003年)』『Triangle(2005年)』があまり好きではなく、一時期離れていました。
歌で説教するなと思ったためです。

『Dear Woman(2006年)』からまたSMAPを聴くようになりました。
2006年から、再びSMAPの音楽が面白くなったと確信しました。

2) MONKEY MAJIK

お笑いコンビ・サンドウィッチマンとのコラボ曲『ウマーベラス(2018年)』で興味を持ちました。
最初はウマーベラスのみ聴いていましたが、YouTubeで流れてくる他の楽曲も聴いてハマりました。
その日のうちにベストアルバム(2015年)を買いました。

今はCDを4枚持っています。
CDアルバムに収録された曲も、ミュージックビデオが閲覧できます。
公式チャネルもあるので、ぜひ聴いてみてください。

3) Queen

話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」でブームですね。
映画は見ていないのですが、音楽は聴きます。

『We Will Rock You』をYouTubeで視聴しました。
そのとき、関連動画で他の曲も聴いたのがきっかけで聴くようになりました。

「ボヘミアン・ラプソディ」は、歌い出しが賛美歌のようなので、印象に残ったのです。

個人的に「Don’t Stop Me Now」「Under Pressure」が好きです。

今回紹介した3組は長く付き合えそうです。
今後も聴き続けます。

ミーハーな道景写真家
夏澄

ツイッター