MacのiTuneでiPhoneが認識されない問題を解決した方法

夏頃から、iMacにiPhoneを繋げても、認識されなくなった。
写真は起動するが、ファンファンと不愉快な音が鳴り続ける。
iTuneはiPhoneを認識しないから、音楽の同期もバックアップ作成もできない。

10月末にやっと解決したので、その方法を説明します。

1) iPhoneとPCとを接続(ケーブルを使用する)

iPhoneは自動ロックがかからない設定にしました。
その方が操作がラクだと判断したためです。

2) iTuneをインストール(iTune12.8)

インストールはこちらのサイトから行ってください。
iTuneインストールサイト:https://www.apple.com/jp/itunes/download/

3) iPhoneのソフトウェア・アップデート画面が表示されるので、インストールをクリック。

Fig.1 iPhoneソフトウェアアップデート確認画面。
インストールを選択してください。赤枠で囲んだ部分です。

iPhoneのインストール所要時間はおよそ5分。ダウンロード3分、インストール2分くらい。
その間にiTuneもインストールします。

iTuneのインストールは約10かかります。
iPhoneのソフトインストールが完了しても、すぐに起動できない場合があるので注意。

4) iTuneを起動し、iPhoneのボタンをクリックできればOK。

Fig.2 iTuneを再起動した画面。iPhoneのアイコン(赤枠で囲んだ部分)がクリックできれば認識されている。

もう一つの認識確認方法として、
このMacについて>システムレポート>USBで、iPhoneと表示されているかを確認。
表示されていれば認識されている。

Fig.3 MacのOSバージョンと、システムレポート確認画面
赤枠で囲んだ「システムレポート」で、iPhoneが認識されているかを確認可。

余談ですが、iTuneインストール法に気づいたきっかけです。

iMacでは認識されないが、サブ機のMacbookProでは認識された。
PCのOSが違う?iTuneのバージョンは?と思い、確認。
結果は以下。

Fig.4 PCのOSとiTuneのバージョン比較

結論:PCのOSが異なっていた

Mac(PC)のOSが異なると認識されない。
「mac OS sierra 10.13.6 iphone認識されない」でグーグル検索。

Fig.5 Google検索画面

どうやら、これが原因らしい。
具体的な方法が記載されているサイトを見つけて、それに従って操作。
参考にしたウェブサイト:http://jpnmarket.com/2018/09/24/mac_itunes_ios12/

手順に従って操作したところ、あっさり解決しました。
ケーブルが原因ではなかったのですね。

10/29の夜、確認のため、iPhoneをiMacに接続。
ファンファン鳴って認識されなかったので、一旦接続解除。
Wi-FiをONにしたら、無事に認識されました。

iTuneオプション「Wi-Fiで同期する」にもチェックを入れました。
万が一、ケーブル接続できなくても、Wi-Fiで同期できれば良いかと判断したためです。
いざ同期できないとなると慌てるからね。
FIg.6に図を示します。赤枠のところにチェックを入れるだけでOK。

Fig.6 Wi-Fi経由でiPhoneと同期する方法設定画面

参考にしたウェブサイト:http://jpnmarket.com/2018/09/24/mac_itunes_ios12/
iTuneインストールサイト:https://www.apple.com/jp/itunes/download/

iPhoneの同期問題が解決してホッとしている道景写真家
夏澄

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター