コツさえつかめば簡単に撮れる!初心者向けの星空撮影方法

「星空を撮るのは難しそう・・・」と思っていませんか?
確かに、星空の撮影は日中の撮影とは異なる部分があります。
ですが、コツさえつかめば簡単です。
初心者が星空を撮影する手順をまとめました。

1)はカメラ設定、2)〜4)はテスト、5)以降が本番撮影の手順を記しています。

1) カメラ設定

MF にする。
長時間のノイズリダクションOFF
ISOは上限1600or3200にする。

意図的にノイズを入れるなら6400でもいいが、そうでない場合はノイズが発生する。
1600ならノイズはそれほどない。

2) ライブビュー画面で星にピントを合わせる

撮影モードはAモードで合わせて、Aモードの条件をMモードに反映。
一番明るい星にピントを合わせる。
暗い星もライブビュー画面に映り込んだら、そこがピントがあっている。

3) 星が止まって写る秒数で撮影。1枚でOK。

4) ピントが合っているか、星が止まっているか確認。

ブレていたらシャッタースピードを速くしよう。
ピントが合っていなければピント合わせからやり直し。

5) OKなら、Mモードに切り替え

2)〜4)でテストしたAモードのF値とシャッタースピード、ISOに設定して撮影。

6) ぐるぐる回すなら、5)の条件でインターバルタイマーを使う

シャッタースピードを5)の条件にする。
撮影回数は任意。たくさん回すなら回数制限なし。

時計を見て、タイマーOFFの時間を決める。

写真は以下の条件で撮影した。
シャッタースピード8秒で、100枚撮影。
8秒/回X100回=800秒。
800秒/60秒=13.33分

以上が星空撮影の流れです。
回す時間が長ければ長いほど、たくさんの星を回すことが出来ますよ。

星をたくさん回したい道景写真家
夏澄

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター