旧永山武四郎邸と旧三菱鉱業寮(2018夏)

サッポロファクトリー隣の、旧永山武四郎邸と旧三菱鉱業寮を撮影しました。
北海道有形文化財の一つです。

入館無料。
中にはカフェもあります。

施設の概要を、北海道有形文化財旧永山武四郎邸解説より引用、抜粋

永山武四郎は、屯田兵の生みの親とも言われています。
第2代北海道庁長官となった人物です。
この邸宅は明治10年代前半に私邸として建てたものです。

建物の2階建部分は、昭和12年(1937年)頃に三菱鉱業セメント株式会社が付設したもので、札幌における大正、昭和初期の洋館のデザインをよく表している遺構であります。

撮影日:2018年8月15日

北海道の歴史と文化に興味がある道景写真家
夏澄

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター