見限るぞと脅す人ほど人に構いたがる。本当に見限る人は黙って去っていく

職場や学校で、このように言う人はいませんか?
「お前のことなんて見限るぞ」

わたしは高確率でこの手の人に遭遇してきました。
何度「見限る」発言されたことか。

それに対するわたしの答えはこれです。
「そうですか」

感情を込めず、淡々と返す。
相手をつなぎ止めようともしない。

「見限るぞ」発言した人は慌てます。
「繋ぎ止めてくれるんじゃないのか・・・」

はいはい。
あんたの正体はかまってちゃんですね。

なぜか。
見限る発言する人はかまってちゃんだから。
本当に見限るなら、黙って去っていくから。
わざわざ相手に見限る宣言せずに。

「見限るぞ」という人は、自分が見限られたら困るから、脅しで相手を試そうとしているに過ぎない。
この手の人間に有効なのは無視。
ほっといても5分後には話しかけてくるから、徹底的に無視。

脅迫でしか相手を繋ぎ止められない人に見限られてもなんとかなる。
さっさと関係を終わらせるのが良い。

一方、本当に見限る人は黙って去っていく。
相手に忠告も別れの言葉もなく。

そして、本当に見限る。
声をかけても我関せずの態度。

「何が悪かったの?」と尋ねても、「あなたに何を言っても無駄です」としか言わない。
そして関係の修復の余地をなくす。

「見限るぞ」発言の裏は、「俺にかまって」である。
本当に見限るのなら、黙って去るだけなので。

ナチュラルに見限る道景写真家
夏澄

ツイッター