新機種カメラに乗り換えても写真上達につながらない

このような記事を読んだ。
今より良いカメラを買う前に一つ自問してみると良いこと。

同感です。
わたしはこれまで2台の一眼レフカメラを使ってきました。
最初はCanon EOS kiss X5(エントリー機)。
2代目~現在活躍中が、Canon 7D mark2(以降、7D2と記述)。

わたしが7D2を使い始めたのが、2015年3月。
それ以降も、Canonはもちろん、各カメラメーカーから様々なカメラが発売されました。
製品紹介パンフレットや、フォトヨドバシのシューティングレポートを見るたびに、「ああ、いいなあ」と思います。

しかし、7D2を手放そうとか、新しいカメラを買おうとは思いませんでした。
なぜか。
7D2一台でほとんどのものを撮影できるから。

動体撮影に特化したカメラなので、動物も飛行機も列車から見える風景も動きを止められるのです。

昨年秋にiPhoneに変えてから、iPhoneでも撮影します。
ですが、撮影が楽しいのは7D2で撮っているときです。
ちょっと重いのが玉に瑕(17-70mm標準レンズ装着で1kgくらい)だけど、スマホでの写真撮影以上に楽しいです。

ここからは個人的な意見。
ミドル機の新機種に乗り換えても、写真の上達にはつながらない。
エントリー機からミドル機、プロ機(最上位機種、Canon 1Dx2、NikonD5など)に変えれば、格段に写真が良くなります。
動きを確実に止めたり、ブラしたりもできます。

エントリー機では撮れなかった写真が、7D2で簡単に撮れたのは確かです。
円山動物園で撮影したとき、とても感動しました。

でも、ミドル機をとっかえひっかえしても、変わらない。
例えば、7D2を5D4(Canon 5D mark4)に変えても、撮れる写真は変わらないのではないか。
たとえ、最上位機種を使ったとしても。

最新のカメラに乗り換えても写真上達にはつながりません。
だったら、お気に入りの1台を見つけてください。
「◯社のカメラが好き」というメーカーのこだわりでもいいし、機能や撮りたいものに合わせて選んでもいい。
かっこいい、かわいいといった、デザインで決めてもいい。
いろいろなものを撮りたいと思うなら、最初からミドル機を購入すると、汎用性が高いです。
エントリー機だと、いざ動体撮影と思っても、思うように撮れない場合があるので。

今のカメラで撮れないものがあるなら、新しいカメラを買うのは悪くありません。
ですが、ステータス目当てなら、今のカメラを大切に、お大事にしてあげてね。

Canon 7D mark2が相棒の道景写真家
夏澄

ツイッター