茨城移住1周年。1年過ごしてわかった茨城の良いところを紹介するよ

茨城移住1周年。

本日7/4で、北海道から茨城に移住して1年です。
都道府県魅力度ランキングで5年連続最下位と言われていますが、決して悪い場所ではありません。
むしろ住みやすいです。
1年住んだので、茨城の良いと思うところを紹介するよ。

生活編

1) 物価が安い

物価が安いです。
特に茨城県産の野菜に助けられています。
例えば、キャベツ一玉が300円するときも、茨城産のキャベツは100円。
人参3本270円でも、茨城産のは120円。
なまら助かります。
※野菜の価格は変動があります。

2) タイヤが一つでいい

車の話。
北海道は夏タイヤと冬タイヤの2種類必要です。
ご存知だと思いますが、雪は降るわ、道が凍結するわで、夏タイヤ1本では運転できないから。

茨城はノーマルタイヤのみでOK。
雪も滅多に降らない。
2月に牛久、稲敷に行ったときも、ノーマルタイヤで運転して全然平気でしたよ。

※雪道をノーマルタイヤで走ることを勧めているわけではありません。
関東在住の方はノーマルタイヤで雪道運転しないでください。

3) 夏は夜涼しい

夏限定の話ですが、夏でも夜涼しいです。
福岡や東京は熱帯夜ですが、茨城の夜は風が吹くので涼しく快適に過ごせます。
扇風機1台あれば涼を取れますよ。

4) 通販が1日で届く

アマゾンなどの通販で買い物すると、最短で翌日に届くのに驚きました。
北海道は離島のため、最低でも3日はかかるのです。
茨城は1日で届くので助かります。

風景編

5) 季節の移り変わりを楽しめる公園がある

ひたち海浜公園のお世話になっております。
茨城に移って最初に行った場所がひたち海浜公園。
ネモフィラとコキアが2大名物とされていますが、他の場所でも季節の移り変わりを楽しめますよ。

6) 景色が綺麗

魅力度ランキングでクソミソに言われているけど、茨城の景色も綺麗ですよ。
そりゃ、富良野や美瑛の花畑は茨城にない。

でも、緑に囲まれた公園から海が見えたり、工場夜景があったり、風力発電の風車が並ぶ砂丘があったりと、面白い景色が広がっています。
あと、海から昇る朝日を見られます。

以上が茨城に移って良かったことです。
今後も茨城を発信していくのでブログ読んでね。

茨城も推している道景写真家
夏澄

ツイッター